<吉祥寺残日録>眼科検診で瞳孔が開いた状態で、安倍元総理の国葬を見守る #220927

選挙演説中に凶弾に倒れた安倍元総理の国葬がやっと終わった。 事件からおよそ80日。 その間に国論を二分した国葬の是非をめぐる論争を、私はずっと冷めた目で眺めていた。 安倍さんが国葬で送らなければならないほど立派な総理だっ…

<吉祥寺残日録>私が生きた時代👀 ドキュメンタリー番組『世界サブカルチャー史』で辿る「アメリカ闘争の1960年代」 #220818

ファッションデザイナーの森英恵さんが今月11日、都内の自宅で亡くなった。 96歳の大往生だった。 ファッションには無頓着な私でも、三宅一生さんに続く相次ぐ訃報に接し、時代を切り開いた先駆者たちの活躍を懐かしく思い出しなが…

<吉祥寺残日録>北京五輪2022🇨🇳 祝!カーリング女子の銀!心に残った「りくりゅう」ペアとショーン・フィリップスの名曲 #220220

コロナ第6波でおうち生活が続く中、2週間あまりに渡って楽しませてもらった北京オリンピックも今日が最終日だ。 平昌大会を上回る過去最多のメダルラッシュに沸いた北京オリンピック。 日本人選手の最後を飾ったのは、カーリング女子…

<吉祥寺残日録>閉会式は残念だったけど、17日間の感動と共に「東京コロナ五輪」は歴史に深く刻まれる #210809

開催の是非を巡り世論が分断される中で開かれたコロナ禍の東京オリンピック。 昨夜の閉会式を最後に閉幕した。 17日間に及ぶアスリートたちの真剣勝負は、結果のいかんに関わらず多くの感動と希望と人生における示唆を与えてくれた。…

<吉祥寺残日録>オリンピックの聖火リレーがスタートした日、市川崑監督の映画「東京オリンピック」を観る #210326

新型コロナウィルスのパンデミックで1年延長した挙句、いまだにご難続きの東京オリンピック。 中止や延期を求める世論も多い中で、25日福島から聖火リレーがスタートした。 最初の聖火ランナーに選ばれたのは、ワールドカップで優勝…

独身の日2019

日本でもすっかりおなじみとなった中国の「独身の日」。 カリスマ経営者ジャック・マー氏が引退して初めてとなる今年の「独身の日」だが、米中の貿易戦争の影響が現れるのか注目された。 結果からいえば、1日の売り上げは4兆1000…

プロジェクションマッピング in 小田原城

三連休の最終日、午後から小田原に行ってきた。 小田原城で開かれているイベントを見るためだ。 こだま号に乗って小田原に着いたのは、午後5時ごろ。 予想に反して、イベントのポスターなどはどこにも貼っていなかった。 「あれっ?…

姪の結婚

週末、姪の結婚式に出席した。 私の自慢の姪っこだ。 式の前日、岡山から上京する母親を迎えに東京駅に行った。 母は86歳。 一人で上京できるか心配だったが、意外に元気そうに新幹線から降りてきた。 父親が死んでから今年13回…

<日々是勉強> 資産運用EXPO

新しいシリーズ「日々是勉強」を始めようと思う。 新規事業の仕事を担当している関係で、最近いろんな分野のセミナーを聞いている。たとえば、「空飛ぶクルマ」とか「渋谷再開発」とか「協働ロボット」とか・・・。 ただ、残念なことに…

<きちたび>4泊5日香港マカオ深圳の旅⑦ 改革開放40周年!圧巻の「深圳ライトショー」が見られなかった残念な夜

深圳旅行の計画を立てていて、絶対に見たいと思ったものがある。個人的には、今回の旅行のハイライトと言っても間違いなかった。 それは、「深圳ライトショー」。 こんな写真がネットにアップされていたのだ。 これ、すごくないですか…

<きちたび>4泊5日香港マカオ深圳の旅⑤ マカオ歴史市街地区で見たプロジェクションマッピングと日本人の骨

マカオの中心部「歴史市街地区」が世界遺産に登録されたのは2005年のことだ。 夕方マカオに入った私は早速、町歩きに出かけた。 マカオのメインストリート新馬路を西に進むと世界遺産「民政総署」が現れる。 ポルトガル植民地統治…

鍋フェス

昨日、日比谷公園で開かれているイベントに行ってきた。 「ご当地鍋フェスティバル」。 入場は無料。今年で5回目だそうで、昨年は28万人もの人を集めた人気の食イベントのようだ。 全国から34のご当地鍋が集結していた。 行列が…