<ぶらり駅散歩>高尾駅から天皇が眠る多摩陵・武蔵野陵を巡る

参道の鯉のぼり

IMG_9499

代替わりの10連休に訪れた歴代天皇の墓。

思いの外空いていて、とても面白かった。大正天皇や昭和天皇がどのような人で、時代の荒波の中で何を考えていたのか、興味が湧いてきた。

IMG_9448

帰り道は正門からまっすぐ伸びるケヤキ並木の道を進み、あえて遠回りしてみることにした。

これが正式な参道である。

IMG_9517

両サイドに歩道が整備されていて、歩きやすい。

ケヤキも大きく育ち、太陽の日差しを遮ってくれた。ケヤキの新緑も美しい。

IMG_9523

途中、南浅川にかかる橋を渡ると、下流にたくさんの鯉のぼりがたなびいているのが見えた。

今日は、5月の節句だ。

IMG_9525

まっすぐ進むと、参道は甲州街道にぶつかる。

ここを右に曲がると高尾駅に至る。

IMG_9526

「多摩御陵参道」と書かれた石碑が建っていた。

昭和天皇が亡くなる前まで、武蔵陵墓地は多摩御陵と呼ばれていたのだ。

IMG_9527

甲州街道の街路樹は、ケヤキではなくイチョウに変わる。

甲州街道のイチョウ並木は有名だ。秋の黄色いイチョウもいいが、新緑のイチョウもいい。

この正式な参道を通ると、高尾駅までは30分ほどかかる。かなりの遠回りだ。

IMG_9503

誰でも無料で参拝できる武蔵陵墓地。

東京近郊の意外な穴場で、日本人と天皇を考える上では絶対に訪れる価値のある場所である。

オススメだ。

広告

1件のコメント 追加

  1. dalichoko より:

    昭和も文字が輝かしく思えます。
    高尾山、しばらく行ってませんけど、なかなかおしゃれな雰囲気ですね。
    (=^・^=)

コメントを残す