<きちたび>アイルランド人のルーツ?「ケルト」とはどんな人たちだったのか?

ケルティッシュ・ミュージックというジャンルがある。

一番馴染みがあるということで言えば、エンヤの曲を思い浮かべる。透明感があり、ちょっと哀愁をたたえたその旋律は個人的には好きだ。

今も、アマゾンプライムミュージックで、ケルト音楽のプレイリストを再生している。なかなか心地よい。

ダブリンでケルトに触れる

その「ケルト」の名残をもっとも残しているのが、アイルランドだという。

この夏、3泊4日で初めてアイルランドに足を踏み入れた。

アイルランド最古の名門大学トリニティー・カレッジには、1712年に建てられたオールド・ライブラリーという素敵な図書館がある。

まさに、ハリー・ポッターの世界だ。

ダブリン観光でも指折りの観光地だが、ここにアイルランドの至宝と呼ばれる「ケルズの書」が展示されている。

撮影は許されていないが、豪華な装飾が施された4つの福音書のことだ。「ケルズの書」にはケルト特有の渦巻き模様や人、動物が描かれ、ケルト美術の最高峰と言われている。

一方こちらは、アイルランド国立美術館に所蔵されている「タラのブローチ」。

8世紀に作られた金のブローチで、ケルトの文様が彫り込まれている。アイルランド金細工の最高峰として国宝に指定されているそうだ。

「ケルト」とは?

でも、私たち日本人にとって、「ケルト」と呼ばれる人たちについての知識は乏しい。なんとなく、「ヨーロッパの先住民族」というイメージがある程度だ。

今年の夏、初めてアイルランドを訪ねたのに合わせて、ケルトに関する本を少し読んでみた。

そんな一冊にNHK「街道をゆく」プロジェクトによる『司馬遼太郎の風景⑧ NHKスペシャル「愛蘭土紀行」』という本がある。

その中から、「神秘の民・ケルト」という一節を引用しておこう。

アイルランド人を理解するには、まず、このケルト人の歴史を説き起こしていけばわかりやすく、司馬さんはアイルランドの複雑な沿革を説明するに際して、かれらの特性を述べることからはじめている。

『無数の要素のなかから一つだけ言えば、かれらがゲルマン系でもラテン系でもない、ということである。

ケルト人(Celt)である。

古代、ヨーロッパの中部や西部に住んでいた先住民族で、鉄器時代には参加したものの、広域国家を形成せず、家族あるいは部族単位で散居していたため外敵に弱く、また歴史に強力な足跡をのこすにいたらなかった。

古代のギリシア世界やローマ世界からみれば、ケルト人たちは忌むべき蛮族で、鬼のように思われていたらしい。げんにしばしば文明世界を侵略しては、殺戮して去った。』(「愛蘭土紀行1」街道をゆく30)

先史時代、「ギリシア世界やローマ世界」が強大になる以前のヨーロッパ大陸は、ケルト人の支配圏だったといっていい。

ケルト人ははじめ、ドナウ川やライン川沿岸の森林地帯を縄張りとするつつましやかなただの狩人だった。紀元前15世紀ごろのことである。ところが時を経て、次第に居住地域を広げるにともなって、かれらは猛々しくなった。千年ののち、紀元前5世紀ごろには、今のフランスからイベリア半島を手中に収め、同時に、北部イタリアと一部小アジアを制圧し、さらには海を渡ってブリテン島をも支配した。のちのヨーロッパと呼ばれる地理的版図の大半が、このとき、ケルト世界に組みこまれた。こうした古代史の推移のなかで、アイルランド島もまたケルト文化に同化したのである。

「司馬遼太郎の風景⑧」より

私はすっかり誤解していた。

ケルトというのは、もともとアイルランドにいた先住民なのかと思っていた。むしろ欧州大陸の民であり、ギリシャ・ローマ中心で教わる世界史の外で一大勢力圏を築いた人たちだったことを知った。

アイルランドに関しては、こちらの記事もどうぞ。

<アイルランド>リープ・カードは本当のお得か?ルアス&ダート&ダブリンバスを乗り回す

旅したい.com

広告

コメントを残す