西郷どん

投稿日:

とうとう終わってしまった。

NHKの大河ドラマ「西郷どん」の話である。今年1回も欠かすことなく、このドラマを見た。林真理子さんの原作ということで、半信半疑見始めたのだが、回を追うごとにはまってしまった。

特に気に入ったのは、西郷が島流しにされた奄美編だ。ここで西郷は薩摩に搾取される島々の実情を知る。薩摩の琉球侵攻に合わせて、奄美大島は薩摩藩に併合された。奄美で生産された砂糖は、薩摩藩の重要な収入源となり、斉彬による軍備拡大を可能にした。

この島で、西郷は愛加那と結婚し子供をもうける。西郷の人格形成に大きな影響を与えたであろうこの島での生活を「西郷どん」では丁寧に描いた。これまで私はこうした西郷の一面を知らなかったので、大変興味を覚えた。

そして、西郷といえば普通、薩長同盟や江戸無血開城、戊辰戦争や西南戦争などがハイライトだが、今回のドラマではこのあたりはサラッと流している。その代わりに、愛加那さんや糸さんとの絡みがたっぷりと描かれているのがいかにも女性作家の作品だ。

でも、その狙い通り、人間としての西郷の葛藤がより伝わった。演じた鈴木亮平が終いには西郷隆盛にしか見えなくなった。最初はどうかなと思ったキャスティングだが、結果的にははまり役であった。

実際、西郷の人間力は本当に半端なかったのだろう。その懐の広さ、人間の大きさ。会えばきっと、私も魅了されたに違いない。

Embed from Getty Images

西郷隆盛と大久保利通。この地に足のついた2人がいなければ、明治維新はなかった。日本史の中でも傑出した2人だ。

西郷に比べて、瑛太演じる大久保には感情移入がしづらい。それでも私は、以前このブログにも書いたが、どちらかと言えば大久保派なのである。そして一つの疑問を抱いている。

幼い頃から同志として共に倒幕を果たした2人が、維新後なぜ決別したのか?

これが今ひとつ、しっくりと理解できない。「西郷どん」でも、そのあたりは曖昧だ。

その原因は、多くの本やドラマが西郷の視点から描かれているからだと思っている。西郷は庶民の人気が高い。ヒーローである。それに対して、大久保は人気がない。イメージは冷酷な官僚そのもので、私でも大久保が上司だったらたまらないだろう。

でも、本当にそうなのか?

私は近頃、維新後の大久保利通にとても興味を持っている。そこで関連する本を少し読んでみることにした。

一つは、司馬遼太郎著『「明治」という国家』。この本の中で、司馬さんは大久保についてほとんど触れていないが、こんな一文があった。

『 ただの士族は、特に先の戊辰戦争の勝利側(薩長土肥)の士族にすれば、たれに対して腹を立てれば良いか。

大久保利通に対してです。彼は、才能、気力、器量、そして無私と奉公の精神において同時代の政治家から抜きんでていました。

私は、今日に至るまでの日本の制度の基礎は、明治元年から明治十年までにできあがったと思っていますが、それを作った人間たちについて、それをただ一人の名で、代表せよと言われれば、大久保の名をあげます。沈着、剛毅、寡黙で一言のむだ口も叩かず、自己と国家を同一化し、四六時中国家建設のことを考え、他に雑念というものがありませんでした。

大久保は宰相でもなんでもなく、政府の一つの部分を受け持つに過ぎませんでしたが、人々が大久保を重んじて案件のほとんどを彼の元に持ち込むか、彼の承諾を得るか、いずれかでありましたので、彼は事実上の宰相でした。それ以上でした。』

このように、べた褒めである。しかし、西郷や勝海舟や徳川慶喜に比べて圧倒的に登場する量が少ないのだ。やはり、読み物として、大久保は暗くて冷たいのだ。

もう一冊、読んだ。秋山香乃著「氷塊 大久保利通」。

こちらは表題通り、大久保を主人公とした歴史小説だ。同じ明治維新を描いても、主人公を変えると随分と印象が違う。その意味では、私にとって新鮮で、示唆に富んだ本だった。

「第5章 孤高の政治家」。ここに、私が読みたかった明治期の大久保が登場する。

特に印象に残ったのは、岩倉使節団として訪問したドイツでの話だった。ここで大久保はビスマルクの話を聞く。そのくだりを引用させてもらおう。

『プロシアは欧米列強に少し遅れて立った国で、短期間に富国強兵を成し遂げ、列強に名乗りを上げた実績がある。成し遂げたのは、鉄血宰相と呼ばれるビスマルクだ。訪問前から、これからの日本に最も参考になる国だという期待が、大久保の中にあったが、感銘の大きさは予想以上であった。ビスマルクは、訪問した使節団に、忌憚なく世界というものを語ってくれた。

列強の親切を真に受けては痛い目に遭う、笑顔の下に常に狡猾な罠が仕組まれていることを前提に、こちらも上手く立ち回らなければならないとしたうえで、さらに、「万国公法を信じてはならない」とビスマルクは言い放った。万国公法というものは、全ての国の権利を守る普遍の法のように言われているが、そうではない。あれは列強の利権を守るために定められているのである。だから大国の利にかなった時は、ことさら持ち出されるが、一度自国の不利になると悟れば、大国は公法に背を向け、武力でことに臨むだろう、とビスマルクは世界の仕組みを教えてくれた。条約改正交渉の失敗を経験したばかりの大久保らの耳には、ビスマルクの言葉は綿に水が滲みるように入ってきた。

「我が国は自国を守るために、国境付近に兵を配備した。その行為でさえ、列強は侵略行為だと罵った。己らの侵略行為は全て棚上げにして、こちらを批判してくる。だが、世界とはそういうものだ。やがて日本も我々の苦い体験を、身を以て知る日が来るだろう。出る釘は打たれるからだ。その時に保有する武力が、国運を分けるかもしれぬ。私の言葉が、少しでも日本の助けになれば幸いである」

使節団はビスマルクに深い謝意を示した。大久保は、「東洋のビスマルクたらん」と自らの進む道を見据えた。』

当時は文字通り、弱肉強食の帝国主義の時代。大久保たちが倒幕を志したのも、列強によって国が滅びる恐怖からだった。

そして、帰国後、政敵を倒し、盟友だった西郷をも倒して、大久保は「東洋のビスマルク」となった。

Embed from Getty Images

「列強に対抗できる強い国を作る。そのためには幕藩体制を壊し、日本という一つの新しい国を作らねばならない」

これが明治維新を推進した若者たちの志だった。しかし、幕府を倒した後、どんな国を作るのか、その答えを持っていた者はいなかった。迷走と主導権争いが続く。

既存の権力を倒すのは大変だが、その後に新たな秩序を作るのはもっと大変な仕事だ。

「列強に対抗できる強い国を作る」という初心を常に忘れず、最後まで苦しい仕事をやりきったのは、西郷ではなく、龍馬でもなく、大久保利通だった。

それはサムライたちを葬るという革命であり、抵抗するかつての仲間たちを力で抑え込む誰もやりたくない厳しい仕事だった。

西郷では、サムライを葬ることはできなかっただろう。非情さは、革命指導者に絶対必要な才能である。

大久保は明治11年5月14日、参内の途上、東京紀尾井町で暴徒に襲われ殺された。「政治を私している」などというのが、大久保を襲った士族たちの大儀であった。

しかし・・・

『大久保の死後、遺族が遺産を改めた時、手元に現金は140円しかなく、逆に借金は8000円もあった。

その8000円すべて、国の事業に足りぬ分を個人で補填したために作った借金であったという。』

志を実現するために、手段を選ばず権力者の懐に飛び込んだ大久保。

島津久光に取り入るために囲碁を学んだ。小松帯刀を薩摩藩の家老に押し上げた。落ちぶれた岩倉具視を担いで王政復古を実現させた。そして、盟友西郷の命もろとも、武士の世の中を完全に終わらせた。すべては、日本を列強に対抗できる近代国家にするためだった。

大久保の人生は、日本を列強から守るため権謀術数を駆使して戦い続けた大戦略家の一生だった。西郷無くして維新はないが、大久保無くして日本の近代化はなかっただろう。

大久保利通は、もっと日本人から評価されていい。

彼こそが、現代日本を作った偉人である。

今度は、大久保利通を主人公にしたドラマを見てみたいものだ。

 

コメントを残す