<きちたび>沖縄3泊4日の旅① 「ステーキ」と「軍用地主」アメリカとの複雑怪奇な関係

若い頃から沖縄が好きだった。

学生時代に初めて訪れた1970年代の沖縄は、アメリカの香りがした。ドライブスルーのハンバーガーショップ「A&W」に興奮、映画「アメリカングラフィティー」の世界がそこにはあった。

そんな時代を思い出させてくれるお店を訪ねた。

ジャッキー・ステーキハウス

IMG_1894

本土復帰前、1953年創業の老舗「ジャッキー・ステーキハウス」。

人通りもまばらな裏通りに、そこだけド派手なアメリカがあった。

IMG_1895

このお店のサイト、アドレスが凄い。なんと「steak.co.jp」なのだ。

「jack」ではなく「steak」。そのサイトにはこんな説明が載っている。

『 アメリカ統治下にあった沖縄には、急速にアメリカ文化が流れ込み、街は英語と日本語が入り乱れ、そして人々の日常会話は、沖縄方言という 一種独特の雰囲気が醸し出されました。

そんな風の中でジャッキーは、生まれ、そして多くの米兵や 地元の人々に愛され続けて来ました。

老舗をうたう多くの店が高級化へ走る中、その味はもちろんの事、価格、ボリュームで ジャッキーは今なお、気軽に入れる 安くて、美味しくて ボリュームたっぷりのステーキハウスとして人気があり、いつもたくさんの お客様であふれています。』

IMG_1897

本当にあふれていた。

この店は予約を受け付けないので夕方5時半ごろ早めに店に行ってみたのだが、すでに店の外まで人があふれていた。

IMG_1899

この時点で50分待ち。

受付で名前を書いて、店の周りを少しお散歩してくることに・・・。

IMG_1901

30分ほどブラブラして店に戻ると、待ち時間は70分になっていた。

IMG_1898

壁には大量の色紙。俳優、芸人、ミュージシャンにスポーツ選手。ありとあらゆる有名人のサインがあるようだ。

沖縄とは思えない寒い日だったので、狭い店内に居場所を確保できたのはラッキーだった。

IMG_1903

そしてようやく席に案内されたのは6時20分すぎ、お店の読み通り本当に50分待ちだった。

アメリカのダイナーを思わせる内装。革張りのボックスシートは妙に落ち着く。

IMG_1902

「宮里藍がよく行くステーキ屋のタコスが美味しいらしい」という妻の一言がきっかけでこの店に来ることになったのだが、席に座って店内を眺めていると、脳の奥底で眠っていた記憶が蘇ってきた。「この店、昔来たことがある」。

学生時代、初めて沖縄に来た時、「アメリカと言えばステーキでしょ」と言いながら友人と来たのがこの店だった(と思われる)。私はずっと別の有名店「ステーキハウス88」だと思っていたが、どう見てもこの店だったのだ。

お店の人気NO.1

私はお店の人気NO.1「テンダーロインステーキ」のSサイズ150g(2100円)とタコス1個(130円)、妻は「ハンバーガーステーキ」のSサイズ(800円)を注文した。

予約ができないのは不便だが、その代わりお値段は確かに良心的だ。

IMG_1905

ステーキやハンバーグなどには、スープとミニサラダがつく。スープはとろみのあるチャウダー風。サラダのドレッシングも甘めで総じてアメリカンだ。

IMG_1912

そして人気NO.1のテンダーロインステーキ。

塩胡椒や醤油など、好みの味付けでOKだが、店のオススメは「NO.1 ステーキソース」。

甘酸っぱいソースがステーキの味を引き立てる。これは本当に美味い。ソースもうまいが、やはり肉が美味いのだろう。

IMG_1910

柔らかい赤肉。日本のステーキ屋といえば、霜降り肉が定番だが、私は年のせいかアメリカの肉の方が美味しいと感じる。

IMG_1915

こちらがハンバーガーステーキ。肉の味がしっかりしていてこちらもアメリカの味だ。

妻は「普通」と言っていたが、このハンバーグは本場のハンバーガーの味がした。まじで美味い。これだけ並んでも食べたくなる味、よくわかった気がした。

宮里藍のタコス

IMG_1907

そしてこちらがお待ちかね、藍ちゃん絶賛の「タコス」だ。

本来は5個で650円なのだが、バラでも注文できるというので1個だけいただいた。

IMG_1908

皮はカリカリ、ひき肉もたっぷり入っていて上からはチェダーチーズの細切りがどっさり。こちらもまさにアメリカ風だ。

私は大学時代、1年休学して南米旅行に出かけたことがある。スペイン語の勉強を目的に3ヶ月あまり滞在したロサンゼルスで初めてタコスを経験した。エルサルバドル人とルームシェアしていたこともあって、タコスは本当によく食べた。何より、安いのが学生には魅力だった。若かりし日の忘れ得ぬ思い出の食だ。

藍ちゃんが大好きというだけあって、このタコスは美味い。日本ではなかなかタコスが根付かないが、このクオリティーのタコスは東京でもあまりお目にかからない。これぞ沖縄なのだろう。

沖縄はやはり、日本で一番アメリカに近い土地なのだ。

IMG_1917

大満足で店を出る時には、待ち時間は90分に伸びていた。

席についてからわずか30分。デザートもコーヒーもないので回転は早い。

創業から65年、今も那覇を代表する大人気店を満喫した。

IMG_1918
広告