<ご当地グルメ>岡山空港「手打うどん 桃太郎」の「天ぷらうどん」

岡山から羽田に帰る時、岡山空港へはいつもはレンタカーなのだが、今日は岡山駅からのリムジンバスを利用した。

10時50分発の直行バスに乗り、空港に到着したのは11時20分ごろ。

飛行機の出発時間までにはまだ1時間ほどある。

ちょうどお昼時なので、空港内での食事を試してみることにした。

選んだのはターミナルビル2階にある「手打うどん 桃太郎」。

いかにも岡山というベタなネーミングだが、やはり岡山に帰るとそばよりうどんという気分になる。

きつねうどんが660円から、1000円越えのメニューも多く、さすが空港だけあって高めの料金設定である。

「丸亀製麺」や「はなまるうどん」が東京でも普及し、すっかりうどんの料金が下がってしまったので、どうしようかとしばし迷った末、他のお店よりはマシかとこの店に入ることにした。

店内は想像以上に狭く、4人がけのテーブルが2つと、あとはカウンター席がいくつかあるだけだ。

テーブル席に座って、「天ぷらうどんを1つ」と店員さんに声をかける。

メニューを開くと、うどん各種のほか、そばや定食などがずらりと並んでいる。

ただ、値段は高い。

料金のところが貼り直してあるため、最近値上げしたのかもしれない。

そうしてメニューを一通り眺めたところで、「天ぷらうどん」(880円)が運ばれてきた。

エビ天が2本とカボチャと大葉の天ぷら。

そのほかに、蒲鉾と刻んだネギが表面を彩っている。

しかし、期待したほどの味ではなかった。

手打ちという麺にはさほど特徴がなく、土曜日にスーパーで買った冷凍うどんの方がしこしこした食感が楽しめたぐらいだ。

エビ天は見た目立派だが、衣がすぐに剥がれて、中から細い小海老が顔を出し、やや興ざめな印象だった。

この値段で立派なエビが入っているはずもないのだが、期待値には遠く及ばなかった。

そして何より、スープが私好みではない。

これもスーパーで買った冷凍うどんの方が美味しかった。

ちょっと私には上品だったのかもしれないが、いつものように飲み干すこともなくお店を出たほどだ。

もし次に空港で食事をすることがあれば、別の店にしよう。

そんな印象だった。

食べログ評価3.31、私の評価は3.00。

「手打うどん 桃太郎」
電話:086-294-4161
営業時間:8:00~19:30
定休日:無休

コメントを残す