<吉祥寺残日録>緊急事態宣言と108兆円の経済対策 #200407

今日は日本人にとって、新たな大実験のスタートだ。

「日本方式」で新型コロナウィルスに打ち勝つことができるか?

結果はわからない。

でも、ようやくスタートラインに立った。

東京都は軽症者を借り上げホテルに移す作業を始めた。小池都知事は、安倍さんのお友達であるアパホテルではなく、東横インを選んだ。そして自衛隊にホテルのサポートを依頼した。

現在最も懸念される医療用のマスクや防護服、人工呼吸器についても、今日梶山経産大臣が加藤厚労相と一緒に経済団体のトップに国内生産を依頼し、早速トヨタが生産に名乗りを上げた。

オンライン診断も初診から認められることになり、LINEなどを活用したITを活用したコロナ対策も動き始めたようだ。

私がこのブログで求めてきた動きが、ようやく実現し始めている。

これまで2ヶ月以上を無駄にしたけど、これから挽回ができるのか、それともこの遅れが致命傷となるのか、予断を持たずに日本社会を信じて見守りたいと思う。

国民の間からも、まだかまだかとの声が聞かれた緊急事態宣言。

安倍総理が、諮問委員会、国会の手続きを踏んだ上で、夕方開かれた新型コロナ対策本部で緊急事態宣言を発出した。対象となるのは、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県、期間は今日から5月6日までの1ヶ月間だ。

合わせて、事業規模108兆円の緊急経済対策も発表し、日本でもいよいよ本格的な新型コロナウィルス対策がスタートする。

朝日新聞によれば、経済への影響を気にする麻生さんや菅さんが緊急事態宣言に慎重で、このタイミングまで宣言が遅れたというが、真相は私にはわからない。

どうせここまで遅れた以上、経済対策とセットで宣言を出したのはよかったと思うが、もう少し早くできたらもっとよかったのに・・・。

しかも、収入が減った世帯への30万円の現金支給についても、対象となる世帯の条件がわかりにくく、早速各所から批判が殺到している。

何れにせよ、私もゴールデンウィークまで在宅勤務を継続、自宅に閉じこもる生活が続けることになった。

とはいえ、緊急事態宣言とは言っても、欧米に比べて自粛の範囲が甘い。

安倍総理は「日本では欧米のようなロックダウンとは違う。専門家も必要もないと言っている」と繰り返し説明している。

今日の会見で一番の成果は、安倍総理が最大の課題である通勤について、「7割の従業員を在宅勤務に」と初めて具体的に言及したことだ。これで、大企業の在宅勤務は一気に進む可能性が高い。

何と言っても、今回の緊急事態宣言が目指すのは「人との接触を8割減らす」ことである。通勤電車の混雑を解消しない限り、絵に描いた餅だ。

さて、これでどれほど人の動きが変わるのか?

この程度の要請ベースの取り組みでもし感染爆発が避けられたとすれば、それに越したことはない。

しかし・・・である。

これまでテレビに登場した多くの専門家は、本音ではもっと厳しい行動制限が必要だと考えているように思えて仕方がない。物分かりのいい尾身さんを諮問委員会の会長に据え、「専門家の意見」という言葉を政府の都合のいいように利用しているように感じる。

本当に大丈夫なのだろうか?

緊急事態宣言を受けて、バトンは小池都知事と吉村大阪府知事らが対象自治体の知事に渡るものと思っていた。

しかし、安倍総理に続いて午後8時から会見に臨んだ小池知事は、いつもとは違って歯切れが悪かった。どうやら国から待ったがかかったようだ。

前日の会見で小池さんは、東京都として幅広い施設に営業自粛を要請する案を公表していた。例えば・・・

大学、各種学校、劇場、映画館、集会場、展示場、百貨店、大型店舗、体育館、プール、運動施設、博物館、図書館、キャバレー、ナイトクラブ、理髪店、質屋、学習塾などなど。

これを聞いて、私も散髪に行けなくなると心配した。

国も、東京都の自粛案について「やりすぎだ」と感じたようだ。今日正式に発表される予定だった具体的な対策は国との調整を経て10日に発表されることになった。

「どうすればいいのか」とジリジリしていた商店主たちは、肩すかしを食った形だ。

個人的には、小池さんの方が政府より期待できると思っていたのだが、小池さんが目立つのは安倍さん周辺には看過できないのかもしれない。

自治体に委ねるなら、委ねてみればいい。

政府が一元的に管理するよりも、良いアイデアが出るかもしれないので、こうした時こそ地方自治を最大限尊重してもらいたいものだ。

安倍さんも小池さんも、「国民全員の力を合わせて国難を乗り越えよう」と呼びかける前に、一枚岩になってわかりやすい指針を示すことが肝要だろう。

Embed from Getty Images

戦後日本の歴史に刻まれるはずの緊急事態宣言。

テレビ各社はゴールデンタイムの編成を急遽組み替えて、報道特別番組を放送した。テレビ東京も含めて、安倍総理の記者会見を中継した。

一番大切なのは、国民一人一人が誰かの指示を待つのではなく、自らの判断で責任ある行動を取ることである。

私は、日本社会の潜在的な力を信じている。

1件のコメント 追加

コメントを残す