SMAP

忘年会を終えて帰宅すると、妻が「さっきスマスマの最終回やってたけど、VTRばかりで面白くなかった」と言った。

「そうか。きょうスマスマの最終回か」と思い、テレビをつけてみた。

フジテレビ(関西テレビ)の人気番組「SMAP×SMAP」。月曜22時のお化け番組として君臨してきた。この番組もきょうで最終回。そして国民的アイドル「SMAP」もきょうが最後のテレビ出演となる。

飯島マネージャーの解任から始まったSMAP騒動。木村くんと他の4人のメンバーの溝は結局埋まらず、解散の日を迎えた。大晦日の紅白歌合戦も結局出場を辞退した。

長年にわたりテレビの王者であり続けたスーパーグループがどんなラストを迎えるのか。その演出を注目して見た。

私が見たのは最後の部分だけなので、番組全体のことを語ることはできないが、過去の映像を流し続けた後、アナウンサーがSMAPへの感謝の言葉を述べ、唯一今回収録した「世界に一つだけの花」を5人で歌うシーンが流れた。歌い終わった5人はカメラに向かって深々とお辞儀をする。長い長いお辞儀。やがてカーテンが降りてくる。

カメラが切り替わり、カーテンの裏側を映し出す。5人はまだ頭を下げたままだ。中居くん以外の4人が頭をあげる。中居くんは一人頭をさげ続ける。こんな形で解散を迎え、リーダーとしてのお詫びを形で示そうとしたのか。やがて頭をあげると、そのまま一人カメラに背を向けて後方に下がった。

バラバラな5人がたたずむ映像のままホワイトアウト。これが事実上のラストシーンだった。

そしてエンドロールが流れるが、そこのバックに流れる映像は、SMAPの5人の真ん中に一人ずつスタッフが立ち、記念撮影をするシーンが流れる。中居くんが真ん中、右端が香取くん、左端がキムタクだ。そしてエンドロールが流れ終わり、5人がお辞儀してフレームアウトしていく。まず中居くんが、そのあと3人が去り、木村くんだけが画面に残る。他のメンバーとの距離感を感じる。木村くんはちょっと迷った末、他のメンバーたちの後を追うように画面から消えていった。意図した演出ではなかったと思うが、今のグループの状態を見たような気がした。

出演者の関係が悪くなるとスタッフは本当に気を使う。スマスマのスタッフも今年は本当に大変だっただろう。

グループでも個人でもテレビの世界を背負って活躍してくれたSMAPの解散は本当に残念で仕方がない。今人気の「嵐」に比べよりスター度が高いグループだった。一人一人がしっかりしたキャラを持ち、それでいてグループとしても活躍し続ける、後のアイドルグループの理想像を作り上げた。彼らはまだ若い。解散後どのような活躍をしていくのか注目していきたい。

こんな最後になって、本当に残念だと思った。

コメントを残す