<吉祥寺残日録>世界のコロナ死者が300万人を突破した日に部屋の模様替えをしながら考えたこと #210418

雨上がりの日曜日、春霞はかかっているものの雲ひとつない気持ちのいい朝だ。 妻が突然、部屋の模様替えをしようと言い出した。 冬の間は朝日が部屋の奥まで差し込んでいたが、夏が近づくと午前中でもさほど日光を気にする必要がなくな…

<吉祥寺残日録>学校なくとも子は育つ #200517

長男の家からすごい写真が届いた。 私にとって最初の孫、つまり私の長男の長男がレゴブロックでこんな観覧車を作ったのだと言う。 何かお手本があって、それを見て真似をしたのではなく、自ら設計した完全なるオリジナルだと言うのだ。…

<吉祥寺残日録>コロナ時代の子供たち #200505

今日は、こどもの日。 吉祥寺の街を歩くと、ケーキ屋さんの前に行列ができていた。 お弁当の行列かと思ったら、どうやらケーキを買い求めている人が多いのに気づく。 「そうか、今日はこどもの日か」 かしわ餅を扱う和菓子屋さんの前…

<吉祥寺残日録>9月入学を推進すべし #200429

なるほど、と思った。 コロナショックが起きてから、初めて膝を打つような話を聞いた気がする。 「9月入学」を真剣に検討すべきだ、という提案である。 この議論のきっかけを作ったのではとみられるのが、「中尾 西野」という大阪の…