中東が嫌な感じ

ハメネイ師に制裁

トランプ政権がまた危ない駆け引きをしている。

今度の相手は、イランだ。

Embed from Getty Images

トランプ大統領は24日、ホワイトハウスで記者団に対し、中東のホルムズ海峡周辺で起きた無人機の撃墜やタンカー攻撃に触れ、「最高指導者(のハメネイ師)は敵意に満ちた行為に関して最終的に責任を負う人物だ」と非難した。ウラン濃縮や弾道ミサイルの開発を停止すべきだとして「実現するまで圧力を強化していく」と断言した。

トランプ氏は同日、追加制裁を科すための大統領令に署名した。ハメネイ師のほか、同師直属のイラン革命防衛隊の幹部8人を対象に指定した。国家元首に制裁に科すのは極めて異例の措置だ。

出典:日本経済新聞

最高指導者ハメネイ師は革命防衛隊などに絶大な影響力を誇る。かつてイラン革命を率いた故ホメイニ師の後継者である。

この制裁がどれほどイラン国民を刺激するか、心配でならない。

イラン革命

Embed from Getty Images

ホメイニ師の登場まで、イランは中東で最も親米の国だった。アメリカなどの後ろ盾を得てイランの近代化「白色革命」を推進したパーレビ国王は自らボーイング727型機を操縦して亡命し、入れ替わるように革命のシンボルだったホメイニ師がパリから凱旋した。

そしてアメリカがパーレビ国王の亡命を受け入れたことに反発して、テヘランのアメリカ大使館人質事件が発生する。

1979年、私が大学生の頃の衝撃的な事件だった。

トランプ大統領は、限られた知識の中で、ホメイニ以前のイランに戻すことを目標にしているのかもしれない。

そしてトランプ政権の一方的なイラン挑発の背後には、間違いなくイスラエルがいるのだろう。

イスラエルの影

革命以前のイランは、中東諸国の中で最も親イスラエルでもあった。今や反イスラエルの総本山であり、レバノンで活動するヒズボラもイランの影響下にある。イスラエルにとってイランは、アメリカ軍の力によって粉砕してもらいたい最大の標的である。

サウジアラビアもイランと激しく敵対している。こちらはスンニ派vsシーア派というイスラム教内部の宗派対立と盟主の座をめぐる争いだ。そしてサウジもトランプ政権に対してイラン制裁を求めているのだろう。

前のオバマ大統領は、歴代のアメリカ政権とはまったく違うスタンスを貫いた。イスラエルやサウジと距離を置き、イランやパレスチナに寄り添うことで中東和平を模索した。

トランプさんに変わり、これが一気に逆転し、歴代大統領が躊躇していた米大使館のエルサレム移転などタブーを次々に冒しながら、中東の火薬庫にどんどん油を注いでいった。

広告

コメントを残す