クローン猿

生命科学の世界でも、中国が世界を驚かせる時代がやってきたのか?

ついに、クローンの猿を作り出した。

何事もイケイケの今の中国。日本に比べてあらゆる面で規制が少ない。倫理面の国際的な懸念もどこ吹く風だ。

CNNの記事を引用する。

『 中国・上海の研究チームが、同じ遺伝子をもつカニクイザルのクローン2匹を誕生させたとして、24日の米科学誌セルに論文を発表した。1996年に生まれたクローン羊「ドリー」と同じ技術を使って、霊長類では初のクローン作成に成功したとしている。

クローンのサルはそれぞれ「中華」を意味する形容詞にちなみ、「フアフア」「ゾンゾン」と命名された。

霊長類初のクローンは、1999年にアカゲザルの「テトラ」が誕生しているが、使われたのは今回とは違う技術だった。

フアフアとゾンゾンの場合、ドリーに使われた体細胞移植(SCNT)と呼ばれるクローン技術に改良を加え、この数年で開発した現代的技術を使って誕生させた。未受精卵を再形成するこの手法では、遺伝子情報の大部分を含む卵子の核を取り出し、それを別の細胞の核と入れ換えて胞胚を作成。これを代理母に移植する。同じ細胞を使えば、同じ遺伝子をもつ個体をさらに増やすこともできる。

ドリーの場合、研究チームは同じ細胞を使ってさらに4匹のクローン羊を誕生させていた。

SCNT技術を使ったクローン作成は、これまでにカエルやネズミ、ウサギ、ブタ、ウシ、犬など20種類あまりの動物で成功している。しかし論文を発表した研究者によれば、ヒト以外の霊長類のクローン作成は、これまで何度も試みられてきたものの、いずれも失敗に終わっていたという。

そこで同チームは新技術を使ってSCNTの過程に手を加え、3年がかりで新しい手順を完成させた。この過程で、胎児の組織から取り出した細胞を使った方が、成体の細胞を使った場合よりも、クローン作成がうまくいくことが分かった。

この手法で79個の受精卵を作成して21匹の代理母に移植した結果、6匹が妊娠して、2017年に2匹が誕生した。この受精卵から、さらに数匹が間もなく誕生する見通しだという。

霊長類のクローン誕生は、倫理的な問題も生じさせる。今回の手法は、理論的にはヒトにも応用できる。論文を発表した研究チームは、ヒトへの応用を試みるつもりはないとしながらも、世界でクローン規制の法律や制度に関する論議に火が付くだろうと予想している。

研究チームは今後もSCNT技術の一層の向上に取り組みながら、フアフアとゾンゾンの身体や知能の発達について観察を続ける意向。いずれは自閉症やパーキンソン病、アルツハイマー、ハンチントン病といった人間の遺伝疾患の研究に役立つとの期待を示している。

中国政府はクローン研究施設とプロジェクトの規模を大幅に拡大する意向だといい、サルのクローンを手がける施設は5年以内に20~30施設の増設が見込まれる。

フアフアとゾンゾンはこれまでのところ健康状態も良く正常に成長している様子で、研究チームが公開したビデオでは、活発に動き回って好奇心旺盛な様子をのぞかせている。』

テレビニュースに映し出された中国人研究者の表情は自信満々。倫理的な検証などなされていなさそうな気配を感じる。世界に先行して研究をどこまでも進めそうな印象を受ける。

折しも今夜、録画していたNHKのBS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した」というドキュメンタリーを見たばかりだ。研究者は未知の実験を前にすると善悪を忘れる。それが国家のためというお墨付きを貰えばなおのことだ。

中国でのクローン猿誕生。気になるニュースだ。

広告

コメントを残す