ミモザの日

体調が万全ではないので、今日は早めに帰宅し休養することにした。

妻がたまたま見ていた番組を一緒に見る。

NHKの「世界で一番美しい瞬間」というドキュメンタリー番組。今日のテーマは「ミモザ 愛を伝える魔法のとき イタリア ローマ」だった。

何気なく見ていると、これが興味深い。

イタリアでは3月8日を「女性の日」と呼び、女性に感謝してミモザを贈る習慣があるという。番組では、ミモザにまつわるいくつかの物語を取材し構成している。母への感謝、恋人へのプロポーズ。そしてミモザの村として知られるイタリア北西部のセボルガ村が紹介される。

土地がやせたセボルガ村の丘陵地は、ミモザで黄色く染まっていた。一家総出で行うミモザの収穫風景。高枝ばさみで適当に枝を切り、乱暴に地面に落としていく。切ったミモザの枝を家に持って帰り、村の女性たちが適当に剪定して箱詰めしていく。日本人から見ると、雑な仕事ぶりだ。それでも、3月8日は多くのイタリア人がミモザを買い求める。

その様子を見ながら、これなら私でもできるかもしれない、と思った。

岡山の畑にミモザの木を植え、年に1回収穫・出荷する。ぶどうを作るよりもずっと手間がかからない。

私がそんな思いつきを妻に話すと、意外にも妻が即座に反対しなかった。妻もミモザが好きで、春先になると花屋で買ってきている。そしてぶどうに比べて手間がかからないことも同意した。

「でも、ミモザってすぐ虫がつくのよね」と妻が言った。

「食べ物じゃないんだから、しっかり消毒すればいいんじゃない」と私は答えた。

岡山の畑いっぱいに黄色いミモザの花が咲き誇っている光景を脳裏に思い浮かべた。綺麗だろうな。長い冬を抜け、まだ桜が咲く前の3月、鮮やかな黄色の花をつけるミモザは、一足早く春を感じさせてくれる「幸せの花」だ。3月にミモザを贈るという風習を持つイタリア人は、さすが人生を楽しむ天才である。

問題は、日本ではイタリアのようにミモザを贈る習慣がないことだ。

でもネットで調べてみると、日本でも最近、3月8日を「ミモザの日」と呼び様々なイベントが行われていることがわかった。

私は意識したことがなかったが、3月8日は「国際女性デー」なのだそうだ。その起源は1904年、ニューヨークで女性労働者が婦人参政権を求めてデモをしたことに因むという。1917年には、ロシアの首都ペトログラードで女性労働者を中心とした国際女性デーのデモが大規模な民衆蜂起に発展。ロシア革命の引き金となったのだそうだ。

では、なぜイタリアなのか? なぜミモザなのか?

広告

1件のコメント 追加

  1. wildsum より:

    いいですね。ミモザの日を広げて、女性に感謝しましょう。「女性の方は土俵から降りてください」と、女性差別した相撲界の人々にも響いてくれるといいですね。

コメントを残す