<きちたび>ソウル2泊3日の旅⑤ 「ドラゴンヒルスパ」で韓国式サウナ「チムジルバン」を初体験

チムジルバン

韓流ブーム以降、韓国に行くのは女性中心となったが、昔私が若い頃には「すけべオヤジ」たちが団体で韓国旅行に出かけていた。

キーセンパーティーとアカスリ、それがオヤジたちの目的だった。

私は過去2回仕事で韓国に来たことがあったが、キーセンパーティーもアカスリも経験したことはない。今回2泊3日で昼飯も食わずに駆け回りいささか疲れたので、最終日の午後、マッサージでも受けてみようと思いネットで探した。

「チムジルバン」という言葉を初めて知った。ウィキペディアの解説はこうだ。

チムジルバン(찜질방)とは、韓国で近年、都市部を中心に急増している、50~90℃程度の低温サウナを主体とした健康ランドの一種。ほとんどの施設で24時間営業となっており、日本のカプセルホテルのような低価の宿泊施設の機能をも持っている。』

なるほど、ソウル好きな人の間ではとてもポピュラーな施設のようだ。その中で評判の良かった大型施設に行ってみることにする。

IMG_1126

その施設は近代的な超高層ビルが立ち並ぶ龍山駅のすぐ近くにあった。

IMG_1124

実はこのエリアには、日露戦争以後、終戦まで日本軍の基地が置かれた。戦後はアメリカ軍がその基地を使用し、在韓米軍司令部が今も龍山基地の中にある。

そんな基地の街で今大規模な再開発が行われているのだが、その中に一つまったく異質な建物が残っていた。

ドラゴンヒル・スパ&リゾート

IMG_1128

「ドラゴンヒル・スパ&リゾート」。

こんなゴテゴテした建物が駅前ロータリーの一等地にデンと居座っている。

IMG_1129

こここそが、私が目指している「チムジルパン」なのだ。

IMG_1130

入り口には、関羽のような武将の大型フィギュア。不思議のワンダーランドである。

IMG_1132

その先には、和風ともエスニック風ともつかないエントランスのアプローチが・・・。

IMG_1133

月曜日の午後1時だというのに、フロントは混雑していた。

まるでビーチのタオルデスクのような受付で、タイ人らしきフィギュアがお出迎え。

入場料1万2000ウォン(約1500円)を支払い、ロッカーキーとTシャツと短パンを受け取る。ロッカーキーにはトークン=ICチップのようなものが付いていて、施設内の支払いはすべてこれで可能、出る際に清算する。

IMG_1134

まずは鍵の番号の靴箱に靴を預ける。

IMG_1135

そしてケバい玄関を通って施設の中へ・・・。

24時間営業で、時間制限はないらしい。

IMG_1136

玄関を入ると男女に分かれる。男性専用のエレベーターに乗り、5階へ直行する。

IMG_1137

5階は男性用の更衣室とお風呂場になっている。

IMG_1140

小ぎれいなロッカーが並び、自分の番号のロッカーに荷物を収納する。

IMG_1138

私の荷物はちょっと大きめのリュック1つなので、ロッカーにすっぽり収まった。

IMG_1189

よくわからないまま、支給されたTシャツと短パンに着替える。

コメントを残す