<きちたび>3泊4日ウラジオストクの旅② ロシア観光には短期でもビザが必要!でも意外に簡単に取得できる

ロシアにはビザが必要

今年3月、ウラジオストクへの旅行を思い立ち準備を始めた時、短期の観光旅行でもビザを取得しないといけないことを初めて知った。

1990年ごろ、ソ連各地を取材した時には会社からの正式なレターで本国の情報省かどこかに申請し、苦労して取材ビザを手に入れたものだ。しかし、当時は他にもビザが必要な国はたくさんあった。

しかし、今や中国でもビザが不要な時代だ。ロシアが今でもビザが必要というほうがむしろ驚きと言える。

では、どのようにビザを取得するのか?

ウラジオストク旅行に向けて、私がどのような準備をしたのか簡単に紹介させていただく。

<重要>最近、ウラジオストクへの観光は、電子ビザでOKになりました。在日ロシア大使館のサイトから手続きができます。https://tokyo.mid.ru/web/tokyo-ja/-23

IMG_4008

観光ビザの取り方

①航空機とホテルを確保する

私はまず、インターネットでいつものように飛行機を探した。成田空港からウラジオストクへは、オーロラ航空の直行便が週4便就航している。

比較サイト「スカイスキャナー」でなるべく安い直行便を探す。そして複数の旅行サイトから今回は「エクスペディア」を選び、ホテルを一緒に予約する。ホテルは市内の中心部で海を望む高台に建つ「アジムット・ホテル・ウラジオストク」に決めた。朝食付きのプランを選ぶ。

航空券とホテル3泊を合わせて、10万7000円ほどだった。クレジットカードで支払う。現地での追加料金は一切なかった。

②バウチャーの取得

ロシアのビザを申請するためには、現地の旅行代理店などから「旅行確認書(バウチャー)」をもらう必要がある。電子査証申請書(EVA)にも、このバウチャーに記載された2つの番号を入力しなければならないのだ。

しかし、このバウチャーをネットで素早く手に入れる方法がある。

トラベルロシアというサイトにアクセスし、個人データや旅行日程など必要事項を入力、クレジットカードで支払い手続きすると、5分ほどでバウチャーがメールで送られてくる。それをプリントアウトすれば簡単にバウチャーが手に入るのだ。料金は1回入国で799ルーブル(約1600円)だ。

ちなみにこのサイト、旅程が決まっていなくてもバウチャーを発行してくれるという。制度の抜け穴でもあるが、違法ではないようだ。

③電子査証申請書(EVA)をネットで申請

旅程が決まり、バウチャーが手に入ったら、ロシア連邦外務省領事局査証専用サイトから電子査証申請書の入力をする。必要事項を入力し、プリントアウトして、顔写真(4.5cm×3.5cm)を貼って署名すると申請書類が完成する。

④必要書類を持ってロシア大使館へ

いよいよ港区麻布台にあるロシア大使館でビザの申請をする。受付時間は平日の朝9時半から12時半までだ。

持参するものは、パスポート、バウチャー、そして写真を貼った査証申請書。

申請は代行が可能なため、たくさんのパスポートを抱えた代行業者がほとんどで個人で申請に来ている人の方が少ない。受付窓口は1つだけなので、結構待たされる。

⑤ビザを申請 費用は原則無料

ビザ取得の費用は無料。ただし申請から交付までは2週間ほどかかり、その間パスポートをロシア大使館に預けたままとなる。もし早く受け取りたければ、11日以内なら4000円、3日以内に受け取る場合は1万円の手数料が必要となる。

申請書類に不備がなければ、申請は受理され引換証が渡される。

⑥2週間後、ビザ受け取りのため再びロシア大使館へ

2週間後、その紙を持って再び大使館を訪れパスポートを返してもらうと、これでビザ取得完了だ。

とにかく、早めに行動することが重要である。

IMG_4153

お役立ちサイトと代行業者

バウチャーの申請も、EVAの申請も、英語だったりわかりにくい質問もあるので、入力の仕方を丁寧に説明してくれているサイトもあるので参考にされるといいと思う。

「CA娘とお気楽母のきまま旅」

「What will be will be」

また、ネットで検索すると代行業者もすぐに見つかるので、自分で申請するのが面倒な方は、それを利用することも可能だ。

IMG_3432

ウラジオストクから戻ったばかりだが、夏休みにイタリアに旅行する途中モスクワに2泊することにしていて、明日再びビザの申請のためロシア大使館に行かなければならない。

3月に申請したばかりなのに、もう申請の仕方を忘れてしまった。そのため、今回ビザ取得の方法を書き残した次第である。

要するに、自分に言い聞かせるために、このブログは書いたようなものだ。

今や珍しくなった観光ビザ。今経験しなければ、いずれビザなどという制度がなくなってしまうかもしれない。ビザを取ってロシアへ、ぜひトライしていただきたいと思うのだ。

1件のコメント 追加

コメントを残す