<きちたび>6泊7日チェコの旅〜グルメではない私たちは、プラハでこんなものを食べました

普通、旅のブログといえば、「何を食べた」的なお話はメインコンテンツになるのだが、「きちたび」ではあくまで付け足しだ。

プラハに着いて最初に食べた「カフェ・ルーブル」についてはすでに書いたのでここでは省く。

1. リゾット「Alriso」

IMG_1043

初めて外でディナーを食べたのは、イタリアンだった。

IMG_1040

リゾット屋「Alriso」。ベツレヘム礼拝堂前の静かな広場に店を構える。

DCIM100GOPROGOPR6154.

この地味な礼拝堂は、宗教改革の指導者ヤン・フスがチェコの民衆に向けてチェコ語で説教を行った場所だという。

IMG_1041

チェコ料理を食べようと思って、ふらふらと店を探していたのだが、この一枚の看板に妻が心を奪われた。「グルテンフリー100%」。つまり小麦を一切使っていないイタリアンなのだ。ずっと頭痛に悩んでいる妻は、ある日小麦が悪いのではないかと疑い、それ以来、極力小麦を食べないようにし始めた。そのため、イタリアンは我が家のメニューから消えていたのだ。

さて、どんな料理が食べられるのか?

IMG_1037

まずは、プラハに来て初めてのチェコビールを1杯。

IMG_1038

妻はただの水。ボトルがちょっといい。

夕暮れの心地よい風が吹き抜ける。広場にしつらえられたテーブルは満席だ。

IMG_1047

まず運ばれて来たのは、紙袋に入れられたフォカッチャとオリーブオイル。

ちょっと脱線するが、今ブログを書いていて迷った。「フォッカチャ」なのか「フォカッチャ」なのか? ネットで調べると両方とも出てくる。でも主流は「フォカッチャ」のようだ。ということで、私もフォカッチャと表記する。

要するに、イタリアの平たいパンである。

この店のフォカッチャは、米粉でできている。だから、小麦のものよりもモッチモチ。

塩味が強めで、超絶うまい。フォカッチャとビールだけで幸せ気分のディナーである。

IMG_1048

続いては「本日のスープ」。今日はオニオンスープだった。

これも美味いが、塩味が濃い。

IMG_1050

私が注文した「カルボナーラ」。見た目もシンプルで美味そうだ。これも米粉でできている。

しょっぱい・・・。要するに、全部塩辛いのだ。フォカッチャの感動が薄れていく。

IMG_1052

妻が注文したのは「リゾット」。種類がいろいろあったが、妻は店頭に写真が出ていた奴を指差して注文した。

見た目の通り、これも塩辛い。要するに、すべての料理が塩辛いのだ。

IMG_1054

チーズをたっぷりかけてもらっていただく。

料理はからいが、ロケーションは最高だ。

IMG_1056

この日のディナーは693コルナ(約3500円)だった。

コメントを残す