<きちたび>プラハの宿は観光名所カレル橋のたもとに建つ超絶景のコンドミニアムだった

「百塔の街」と呼ばれるプラハの朝。

この写真は、宿のベランダから撮影した。時間は朝の5時ごろだろうか。

無事、チェコの首都プラハに到着したのは、現地9日の夜9時だった。

夜間の到着なので、あらかじめ宿のオーナーとメールのやり取りをして、タクシーの迎えを頼んでいた。

理由はプラハでの宿が、いわゆる民泊のようなもので、普通のホテルではないからだ。

タクシー、正確に言えば「白タク」の運転手に電話してもらい、宿の近くで管理会社のスタッフと待ち合わせる。

待ち合わせ場所は古い建物に囲まれた暗い駐車場。相手はまだ来ていない。

白タクの料金は19ユーロ(約2500円)。チェコの通貨コルナではなくユーロで支払うよう事前に指示されていたので、ユーロの現金を日本で用意していた。

もう一度運転手に電話をかけてもらおうと思った矢先、一人の若い女性が暗闇から現れた。

宿はここから歩いてすぐだという。

リュックを担ぎ、スーツケースを押しながら、女性の後をついて行く。

それは、不思議な宿だった。場所はプラハ一の観光名所カレル橋のたもと。ものすごいロケーションにあるプライベートなアパートメントハウスだった。

「スタジオ・カレル・モスト」

この宿については、帰国後改めて写真入りで詳しく書きたいが、この宿からは冒頭紹介したようなプラハの絶景が見える。

窓からは・・・

こんな街並みが見える。右が、聖サルヴァートル教会、左は聖フランティスク教会。その間を路面電車トラムが走っている。

聖フランティスク教会を左に行けば数十メートルでカレル橋がある。

そして、プラハの旅は朝のお散歩から始まった。

それはまさに「建築博物館の町」プラハを実感する街歩きだった。

<参考情報>

私がよく利用する予約サイトのリンクを貼っておきました。

コメントを残す