<きちたび>6泊7日チェコの旅〜グルメではない私たちは、プラハでこんなものを食べました

3. スーパー「TESCO」

でも結局、私たちが外食したのはそれだけだった。

基本的には、スーパーで買い物をしてコンドミニアムで妻が簡単な料理をした。

IMG_6587

私たちが利用したスーパーマーケットは、旧市街と新市街の境目にあった。ナロードニキ通りのショッピングモールの地下にある「TESCO」。イギリス最大手のスーパーチェーンだ。

IMG_6288

広い店内には、新鮮な野菜や果物が並んでいた。これが重要だ。

IMG_6291

新鮮な野菜や果物さえ買えれば他はどうでもいい。旅先でお腹の調子を保つには不可欠だ。

IMG_6299
IMG_6298

水や牛乳も必需品だが、これを見極めるのはなかなか難しい。夫婦で勘を働かせ、サイズの小さめなものをとりあえず買ってみる。

チェコの場合、水も牛乳も日本のものとあまり変わらず、安心して飲めた。

IMG_6293
IMG_6295

パンやチーズの種類も驚くほど多い。私の好きな岩塩のパンも何種類もあって、最初選ぶのが大変だった。

IMG_6300
IMG_6301

肉や魚売り場も充実している。旅先で魚は面倒なので、いつものように牛肉と鶏肉を買う。

アメリカのように巨大な塊を売っているのではなく、重さで小さく切ってくれるからありがたい。

IMG_0979

そうして宿に戻って、妻が料理する。ステーキにシャンピニオンを添えたもの。醤油の小さなボトルを日本から持参し、日本風の味付けが異国での食欲不振を防いでくれる。

IMG_0983

パンも美味しそうだが、結果から言えば、期待ほどではなかった。パンに関して言えば、「カフェ・ルーブル」で食べた塩味のパンが最高で、やはり店に並べられているものは、ちょっと落ちるようだ。

IMG_0985

そしてこれがバター。パンに塗るだけでなく、油の代わりに料理全般に使う。

チェコでは手頃な大きさのバターが手に入り、妻も大満足だった。

普通の主婦は旅行に来てまで料理するのは嫌だという話を聞くが、うちの奧さんについては、どうも知らない国で買い物をし、自分で料理して食べるという旅が気に入っているようだ。

プラハのスーパーマーケットで使ったお金は、700コルナ(約3500円)ほど。レストラン1回分で、7食まかなったことになる。

きっとこれも、ケチな妻がコンドミニアム旅行が好きな理由に違いない。

<関連リンク>

「夫婦旅行はコンドミニアム」プラハ編 スタジオ・カレル・モスト

誰もがカメラマン!テラスから撮った「百塔の町」プラハの朝

プラハ朝散歩① 嘘のように人が少ないカレル橋〜旧市街広場を歩く

プラハ朝散歩② 雨のユダヤ人地区を歩き、地下鉄に乗って買い物に行く

プラハ朝散歩③ トラムの一日券を買ってプラハ城と新市街へ行った

プラハ朝散歩④ カレル橋を渡って対岸のマラー・ストラナ地区を歩く

「世界で最も美しい町」チェスキー・クロムロフで写真を撮りまくる①

「世界で最も美しい町」チェスキー・クロムロフで写真を撮りまくる②

「ビロード革命」の舞台ヴァーツラフ広場でハヴェル大統領を偲ぶ

スメタナとドヴォルザークの国チェコでクラシックに親しむ

グルメでない私たちは、プラハでこんなものを食べました

プラハ最後の夜、四つ星ホテルとストラホフ修道院のビアホール

小国の気持ち チェコの田舎町でカレル・チャペックの生き様に触れる

カフカやチャペックが愛した「カフェ・ルーブル」で素敵な朝ごはん

レンタカーで走ったチェコの道路は工事だらけで夫婦関係を悪化させる

トイレに行きたければ常に小銭を用意しておけというお話

<参考情報>

私がよく利用する予約サイトのリンクを貼っておきます。



コメントを残す