葉山

昨夜、寝る前に妻が「この週末は暑くなるらしい」と言った。今週は涼しい日が続いていたが、きのうから蒸し暑くなった。週末はさらに猛暑の予報だという。

img_1996

そんな話をしたからだろうか。朝4時にトイレに起きたが、珍しく目が覚めてしまった。引っ越した当初は好奇心からか朝早く起きて窓辺に横たわり、夜明けの景色を眺めたりした。最近ではこの景色にも慣れて7時ごろまで寝ている。

朝4時とはいえ、この季節すでに外は白み始めている。「週末は暑くなる」という話を聞いて「朝早く起きて葉山に行こうかな」とちらっと考えたのは事実だ。しかし行くとしたら日曜だと思った。だから妻とも詰めた話をしていない。一人で勝手に出かけるわけにもいかない。かといって、あえて妻を起こすのもなんだ。

などと考えているとますます目が覚めた。仕方なくベッドに戻らず、窓辺のマットに寝転がった。しばし外を眺めながらどうしたものか思案する。天気は予想に反して曇り、どんよりとした雲が空一面を覆っている。別に無理にきょう出かけなくてもいいと思う。しかし同時に、改めて別の日に早起きするよりも、たまたま目が覚めたきょう行ってしまった方が無駄がないのではないかとも思う。

そうこうしていると、妻が起きたらしく「葉山に行くの?」と声をかけてきた。さすがに鋭い。ただ妻は「何か頭がくらくらする」と言う。「無理しなくていいよ」「一人で行ってもいいし」と言うと、「一人で運転する方が心配だ」と言う。これは今日の葉山はないなと思い、マットでごろごろしていると、しばらくして妻が起き上がり「大丈夫そう」と言った。

そんな成り行きで、葉山に行くことになった。自転車の空気を入れ、水着をはき、浮き輪をさがし出して、二人で早朝の吉祥寺の街を走り抜け、離れた駐車場へと向かう。車の運転をするのは久しぶりだ。特に遠出は引っ越し以来初めてとなる。

愛車のマークXは、トヨタからリースで借りている。その契約は最低2年間。引っ越した時まだ1年しか経っていなかったため、返却することができず(返却はできるが1年分のリース料以上の一時金を支払わなければならない)迷った末、吉祥寺で駐車場を探した。吉祥寺東町の月額2万円の駐車場を借りた。しかし、吉祥寺は想像以上に便利で、車に乗る必要性をまったく感じない。おまけに借りた駐車場は家からかなり遠い。そうして、マークXは駐車場に留め置かれたままはや5ヶ月、ほぼ動くことなくすぎた。

果たしてちゃんと動くのか? この疑問を解くことも葉山行きの大きな動機だった。恐る恐るエンジンをかける。ちょっと弱々しい感じではあったがスターターは作動し、エンジンは正常に動いた。ほっとした。

かくして我々は葉山へと向かったのだ。

img_1988

私自身が直接聞いたわけではなかったが、まりさんによると天気予報は「週末は猛暑」と言ったという。葉山行きは当然のことながら猛暑が前提である。

葉山には6時半すぎに着いた。目指す葉山公園駐車場は朝6時開門だと思っていたが、実際には7時開門だった。門は半分閉まっていて中に入れない。しかたなく買ってきたコンビニおにぎりを食べ、門が開くのを待つ。

img_1983

7時開門。駐車料金は1日2060円。「あれっ、こんなに高かったっけ」。どうも7月から夏料金になったらしい。通常は500円ほどだ。1週間で4倍になるということだ。

img_1976

駐車場に車を止めて海岸を散歩する。猛暑の予報をあざ笑うかのごとく、霧に覆われた一色海岸はひんやりとした空気に包まれていた。それでも早朝の海は気持ちいい。妻も「来てよかった」と言ってくれたので結果オーライだろう。

公園に戻ってベンチに座って海を眺める。波の音が心地よい。海風がそれなりに強く吹いていて、気がつくと青空が広がってきた。木陰に移動してシートを敷いて寝転ぶ。のんびりした休日だ。やはり葉山はいいな、と思う。

img_1990

「やはり葉山の海に散骨してもらいたい」唐突に妻が言う。「子供たちがやってくれるかなあ」と心配するので、「生前に自分で予約してお金も払っておけばやってくれるでしょう」と適当なことを言う。私も、葉山で散骨がいいかなと思う。

img_1994

日差しに当たり少し暖かくなったので、海に入ってみることにした。せっかく海パンをはいて、浮き輪を持ってきたのだから。

葉山公園の目の前はサーフィンやカヌーのエリアのようなので長者ヶ崎海岸まで歩き海に入った。思ったより水は冷たくない。浮き輪に体を預けて仰向けで浮力に身をまかせる。まだシーズン前で人も少ない。小さな子供を連れた家族が水遊びをしていたり、カヌー教室の一行が沖に漕ぎ出していったり、各自思い思いの休日を過ごしている。ゆったりした時間だ。

また霧が出てきた。あっという間に、長者ヶ崎が霧に隠れる。幻想的といえなくもない。気がつくと浜辺に妻が立っているのが見えた。30分ほどで水からあがり、帰り支度をする。

11時に一色の老舗寿司屋「吉兆」でランチ。何度も店の前を通っているが入るのは初めてだ。

img_1998

お品書きを見るとトロやあわびは1個800円、むちゃくちゃ高い。「にぎり」の高いやつはなんと8000円だ。ただスペシャルメニュー1600円というのがあった。安くはないが、相対的にはこれを頼むしかない。

さすがに、うまい寿司だ。これなら悪くはない。きっとまた来ることになるだろう。

食べログ評価3.00、私の評価は3.50。

早朝に吉祥寺を出て葉山へ。ランチを食べて早めに帰宅。夏の定番になるかもしれない。

コメントを残す