<東京@グルメ>日本橋「TOYO」の「ハヤシライス」

午後2時からのセミナーを聞くために日本橋に着いたのは1時半すぎていた。

地下鉄を降りて地上に出ると、また高層ビルが増えているような・・・。

IMG_8318

微妙に時間があるのでパパッとランチを食べる店を探す。

真新しいビルの中に取り残されたようなお店があった。ある意味、日本橋らしいお店とも言える。

IMG_8316

店名は、「TOYO」

店名をはさんでちょっと癖のある字で、「CAFE  TERRACE」と「CONFECTIONERY」と書かれている。カフェテラスであり、お菓子も扱っているようだ。

IMG_8317

店頭には昔ながらのショーケース。いわゆる洋食屋さんでもあるらしい。

素早く食べられるかどうかはわからないが、店を探す時間もないので入ることにした。

IMG_8315

中に入るとレトロなケーキ屋さんのようだ。

「ランチ食べられますか?」と聞くと、「2階へどうぞ」と言われる。

IMG_8313

階段で2階に上がると、宴会場のような大きなスペースが広がっていた。

窓の外は中央通り。1時半すぎなのでお客さんは少ない。

IMG_8312

奥にも客席が広がっている。全部で320席もあるらしい。

それにしても、独特のインテリアだ。

ネットで調べると、創業50年と書いているものもあれば、60年、80年というものもある。間違いなく老舗だとは思うが、定かなことはわからない。

IMG_8307

箸袋には「BRASSERIE   TOYO」と書いてある。

おそらく1階がカフェテリアで、2階がブラッセリーということなのだろう。

まずミニサラダが運ばれてきた。学食のようなコールスロー。微妙だ。

fullsizeoutput_3b3f

私が注文したのは、「ハヤシライス」(1000円)。

今時のものに比べると、肉がゴロゴロ入っている。

IMG_8310

そして、このライスの形。子供の頃親に連れて行ってもらったデパートのレストランのようだ。

懐かしい。

福神漬けもちょっと色が抑えめで、照りがあまりない。

IMG_8311

食べてみると、甘酸っぱい味が口中に広がる。

ただ、この肉、ものすごく硬い。今時なかなかお目にかからない硬さだ。

硬い肉を煮込んだ方が味が出るのかもしれないが、煮込んでも噛み切れないほど硬い。

食べ始めた時はちょっとがっかりだったが、食べ進むうちにこのハヤシライスが少しずつ好きになってきた。

IMG_8308

私の子供の頃、日本人はこうした硬い肉を食べていたのかもしれない。

そう思って改めて店を見回してみると、デパートの最上階にあった大食堂の風情がある。

働いている人も、60代、いや70代と思われる高齢の方が多いようだ。

酸味のあるソースと硬い肉を噛み締めていると、子供の頃にタイムスリップするような錯覚を覚えた。伝統の街、日本橋にふさわしいランチと言えなくもない。

食べログ評価3.25、私の評価は3.30。

 

 

 

 

コメントを残す