<東京@グルメ>恵比寿「レストランヒロミチ」の「ふるさと納税ランチ」

投稿日:

2018年のふるさと納税で食事券をもらった。

山形県大石田町に3万円を寄付すると、恵比寿のフランス料理店「レストランヒロミチ」のペアお食事券が送られてきた。ミシュラン1つ星の名店のようだ。

IMG_8045

今日は10時6分に東京で部分日食が観測された。その時間、太陽は見えていたのだが、日食メガネがなかったので観測は諦めた。

そして11時半に恵比寿に着いた頃には、すっかり曇り空、寒い1日だ。

ガーデンプレイスではマルシェが開かれていて、妻は干し芋を買った。

IMG_8048

レストランはガーデンプレイスから線路を渡った反対側にあった。

植栽が素敵な落ち着いたお店だ。

IMG_8050

少し早く着いたので、私たちが一番乗りだった。

落ち着いた雰囲気の店内。窓の外の緑が美しい。

IMG_8051

ミシュラン星付きの高級店。

上品だが、それほど堅苦しさはない。

IMG_8053

まずはドリンクのリストを渡される。

ボトルではなく、グラスワインのリストと言うのはありがたい。

IMG_8055

私は「本日のグラス白ワイン」(1000円)を注文した。

ふるさと納税のコースには、ドリンク代は含まれていない。

本日の白ワインはボルドーの南、ガスコーニュ地方の「マージュ・ブラン」。フルーティーで爽やかなワインだった。

IMG_8054

ふるさと納税のおまかせランチ。お品書きはなかった。

まず最初に出されたのはアミューズ、「クルミとフルムダンベールのグジェール」。

グジェールというのは、チーズを混ぜたシュー皮のことだ。小さい。

IMG_8056

冷たい前菜は「人参のムースとコンソメジュレ、うに添え」。

このお店の定番メニューだそうだ。

IMG_8057

ジュレの下に人参のムースとうにが隠れている。

IMG_8059

温かい前菜は、アワビだった。ここからは正確な料理名はわからない。

IMG_8060

酸味の強いターメリックソースが柔らかいアワビにからむ。

fullsizeoutput_3a0a

ここでバターが出てきた。

無塩バターの上に岩塩が載せられている。これはフランスでも見たことがない。

fullsizeoutput_3a0c

パンとの相性もよく、3つもお代わりしてしまった。

IMG_8063

メインの魚料理は、アンコウを使ったブイヤベース。

豆と芽キャベツが添えてある。

IMG_8064

個人的には、ブイヤベースの味が少し塩辛かった。

IMG_8065

ここで赤ワイン、「本日のグラス赤ワイン」(1200円)は「シリュス・マディラン」。

こちらもフランス南西部ピレネー山脈に近い地方で作られている赤ワインだ。

IMG_8068

そしてお肉のメイン料理は鴨料理。

トリュフが散らしてある。

IMG_8069

赤ワインベースの甘いソースが肉に合う。

IMG_8071

デザートは、温かなチョコケーキ「フォンダンショコラ」とフルーツ、そして食用菊のアイスクリームだ。

IMG_8070

最後、コーヒーが出てランチコースは終了だ。

参考までに通常のランチメニューを見せてもらうと、前菜2種とメイン2種のランチコースは5900円+消費税だった。

ふるさと納税の特別コースなので単純な比較はできないが、3万円の納税で2人でこれだけのコースがいただけるというのは大変お得な返礼品だと思った。

店を出る際、オーナーシェフの小玉弘道さんも挨拶してくれた。ご両親が山形在住ということで大石田町のふるさと納税コースを用意されているようだ。食材も山形産の物を多く取り入れているという。

その地元に行くのもいいが、東京でこうした美味しい料理を食べれるのは利用しやすい。

ふるさと納税の一つの形として、もっと種類が増えてくれるとうれしい限りだ。

食べログ評価3.81、私の評価は3.60。

コメントを残す