魯珈

きのうに引き続いて新宿で打ち合わせ。JR総武線大久保駅を降り、飲食店が並ぶ路地を抜ける。中国、韓国、タイ、インド、トルコなど様々な国の料理店が軒を連ねる。

さすが多国籍タウン大久保である。

IMG_0828

この路地に開店前から行列ができている店があった。急いでいたので何の店が確かめずに通り過ぎたが、打ち合わせ後この路地に戻り列に加わることになった。

IMG_0827

店はこの雑居ビルの1階、奥まったところにある。

IMG_0817

お店の名前は「魯珈(ろか)」という。

スパイシーカレーと魯肉飯の専門店。あまり聞いたことのない変わった組み合わせだ。

IMG_0816

入り口に貼られたチャイナドレス姿の女性のイラスト。「加えて当店自慢 台湾の味 魯肉飯(ルウロウハン)もお楽しみください」と書かれている。

当然、台湾の人がやっているお店だろうと想像していた。

IMG_0815

とても変わった構造になっていて、狭い路地の奥にうなぎの寝床のような2軒の店がある。

右側の「魯珈」は満席で行列、お隣のお店はガラガラ。商売は厳しい世界だ。

20分ほど並んでようやく席が空いた。

IMG_0821

コンクリート製の壁に向かいカウンター席が並ぶ。通路は狭い。

IMG_0820

私はその狭い店内の一番奥、調理場に面したカウンターに通された。2人の女性が忙しく働いている。私の予想に反して日本人だった。

店主の女性に聞くと、このお店をオープンしてまだ8ヶ月だという。

飲食関係の仕事に初めてついたのが、魯肉飯のお店だったのだという。台湾には行ったこともない。そして、その後カレーのお店で修行して、独立にあたり自分が好きなカレーと魯肉飯のお店を出すことにしたと教えてくれた。

IMG_0818

これがメニューだ。

私は店主のおすすめ「ろかプレート」(950円)を注文した。

IMG_0822

ちょっとエスニックな見た目だ。

IMG_0824

茹で卵の下が魯肉飯。カレーのお供として酸味のある玉ねぎや高菜などが添えられる。カレーも魯肉飯も普通に美味しい。

「それぞれ半分ほど食べたら、野菜も全部ぐちゃぐちゃに混ぜて食べてみてください」と声をかけられる。

言われた通り混ぜてみた。特別、違和感はない。ただ、混ぜたからといって格段に美味しくなったとも思わないが・・・。

女性店主が想いを込めて作った小さなお店。すでにがっちり常連客を獲得し順調なスタートだ。この路地から抜け出す日はそれほど遠くないかもしれない。

でもこの大久保の路地、ちょっと面白いかも・・・。

食べログ評価3.73、私の評価は3.45。

 

 

 

コメントを残す