花見2017

毎年桜の季節、大学時代の仲間が国立に集まる。2009年に死んだ同期を悼む目的で始まった集いだ。今年の桜は遅れ、冷たい雨が降っていた。

IMG_4396

私が店を予約する係だ。「焼肉処いなみ」。洋菓子の老舗「白十字」の2階にある。

IMG_4398

私の学生時代から残る数少ない店のひとつである「白十字」は国立のシンボル。細田守監督の名作「おおかみこどもの雨と雪」にもアニメで描かれている。

「いなみ」はこの白十字の2階、大きな窓から桜が見える。この店を使うようになって今年でもう3年になる。

IMG_4399

60歳前後のオヤジたちが集まり、年甲斐もなく騒ぐ。周囲のお客さんから顰蹙の目が向けられるのも時折感じるほどだ。この会のためにわざわざ関西や鹿児島から駆けつける仲間もいる。今年は4月1日ということで行事が重なって参加できないものもいた。それでも11人が集まり、焼肉を囲んだ。桜なんか誰も見ちゃいない。毎年のことだ。

IMG_4400

去年まではエンドレスだったこの焼肉屋も今年から3時で昼営業を終了することにしたらしく、仕方なく店を出て大学のキャンパスをぶらぶらする。講堂では入学式の準備が行われていた。

IMG_4402

このキャンパスには一本だけ早咲きの桜がある。この日もすでに満開だった。でも、冷たい雨の中の桜はさして美しいとは感じない。

この後、一行は吉祥寺に向かった。一部のメンバーがここで抜け、夕方5時からの二次会に向け何人かが合流する。

吉祥寺ハモニカ横町の「テッチャン」でホッピーなどを飲んで時間を潰し、二次会は「いせや公園店」。花見シーズンということで、10人以上でないと予約を受け付けてくれない。しかもコースでの注文がマストだ。人が増えたり減ったりで最終的には12人になった。地下の一番奥の席を用意してくれていた。公園に面した広々とした席だった。

「いせや」は2時間の時間制。7時には追い出された。

「甘いものが食べたい」とデザートを要求するものが現れ、デザートも食べられて酒も飲める店に行くことになる。はて、どこに行けばいいか?

「ファンキー」に行ってみることにする。老舗のジャズバー。元々はジャズ喫茶だった。

正解だった。苺のソルベだのティラミスだの、美味そうなデザートも何種類かあった。そしてもちろん酒もいろいろある。しかも懐かしいジャズが流れている。オヤジたちは満足げに少しトーンを落としてこの日の最後の店を楽しんだ。

オヤジにはオヤジにあった店が一番居心地がいい。みんな満足して家路についた。

来年は4月7日に集まることに決まった。

IMG_3323

一夜明けて

窓から望む井の頭公園の桜はまだ一分から三分咲きだ。

IMG_3327

それでも昼前には晴れ間が広がってきて、公園には大勢の花見客が繰り出した。

私も公園を一回りして見た。

IMG_3351

コブシの白い花に桜のピンクが混じり、春めいた色合いに染まる木々。人々の表情も明るい。

IMG_3353

花の咲いた枝を選んで撮ると、それなりには見える。

IMG_3356

中国語や英語も飛び交う。日本の花見はいつのまにか世界的に有名になった。

IMG_3363

弁財天をバックに桜を撮る。

IMG_3365

ちょっと色彩に変化がついて綺麗だ。

IMG_3368

七井橋を過ぎると人、人、人。桜の木の下は花見のシートで覆い尽くされていた。

IMG_3372

まだ、花は少ししか咲いていなくても・・・

IMG_3381

たとえ近くに桜の木がなくても・・・

IMG_3377

井の頭池の出口あたりの桜が一番花付きが良く、ここで自撮りをする人たちが集まる。

IMG_3379

桜は今週が見頃。週の半ばは気温も上がり、穏やかな天気になるという。

長男と次男の家族が花見にやってくることになっている。また、賑やかになりそうだ。

 

 

 

広告

コメントを残す