珉亭

久しぶりに下北沢に行ったついでにランチを食べた。

お店をまったく知らないので、ネットで調べて「珉亭」という店に決めた。下北沢では有名な中華料理のお店だと書いてあった。松重豊や甲本ヒロトが昔、働いていたそうだ。

IMG_4067

さすが芝居の街・下北沢。駅からの途中、本多劇場の前を通る。

IMG_4068

店はこの本多劇場前のこの通り沿いにある。北沢◯◯通り。何通りだ?

IMG_4069

店の近くには「ザ・スズナリ」もある。役者やミュージシャンの街だ。

IMG_4064

そして目指す店はこんな佇まいだった。

IMG_4072

さびれた商店街によくある冴えない中華というその外観。ネットを見なければ絶対に入らないだろう。店の前に無造作に置かれら自転車はこの店のおばさんが開店直前に乗り付けたものだ。

IMG_4079

「世界で三番目に旨い」店というのがコンセプトなのだという。

「1番うまいもの あなたのオフクロの味

2番目は、おやじのスネの味

3番目は、眠亭のソバの味」 ということのようだ。

この店の人気メニューは「ラーチャン」(850円)だ。半ラーメンと半チャーハンをこの店では「ラーチャン」と呼ぶ。私も迷わずそれを注文した。

IMG_4075

これがラーチャンだ。シンプルだが好感が持てる見た目だ。

IMG_4076

まずラーメンのスープを一口。予想以上のうまさだ。この写真ではとても伝わらない味だ。

ラーチャン、そこらのラーメン+半チャーハンとは違うと感じる。

IMG_4077

そしてチャーハンは少し赤いのが特徴だ。この赤色は、刻まれたチャーシューの色だ。

私が座ったカウンターの目の前には、ボールいっぱいに細かくカットされた真っ赤なチャーシューが置かれていた。激しくインパクトのある赤だ。

しかし味は予想したほどのインパクトはない。意外にあっさりしている。ラーメンのスープを飲みながらチャーハンを食べる。この組み合わせがちょうどいい。

IMG_4078

そしてつきあわせの漬物。キムチではなく、辣白菜(ラーパーツァイ)という中国の漬物だという。それほど辛くなく、酸味がある。日本の古漬けを使いキムチの浅漬けを作った感じだろうか。これもラーチャンには欠かせない味だ。

ということで、文字通りの「孤独のグルメ」。とても満足なランチでした。

食べログ評価3.56、私の評価は3。70。

コメントを残す