岡山中華そば後楽本舗

投稿日:

2日目の新橋ランチ。次の予定まで20分ほどしかないので、ラーメンにした。

IMG_4603

「岡山中華そば 後楽本舗」。

これは私にとって、少年時代の思い出の店だ。

子供の頃、私は岡山で育った。ごくたまに外食に連れてもらった時には、天満屋デパートの食堂か天満屋の向かいにあった「家具のすわき」地下の「後楽そば」だった。

私にとって、数少ない思い出の店なのだ。岡山の後楽そばには小さなカリカリ梅が2つ付いていた。それは鮮明に覚えているのだが、肝心のラーメンの味はあまり覚えていない。

IMG_4599

狭い店内はごちゃごちゃと張り紙で埋め尽くされていた。

昔の店はこんな感じだった。

IMG_4600

値段もまずまず良心的だ。子供の頃は一杯いくらだったのだろう?

私は昔懐かしい「中華そば」(570円)を注文した。

IMG_4601

どうだ。このやる気のない見た目。

今時の洗練されたラーメンとはまったく違う見た目だ。

IMG_4602

豚骨醤油の濁ったとろみのあるスープ。

食べてみても、味の記憶が蘇ってこない。こんな味だったかなあ?

それでも食べ進むうちに、遠い昔の記憶が徐々に浮かび上がってくる感触があった。

たまり醤油のような甘さが口に残る。確かにこんな味だったかもしれない。

懐かしさのためなのか、それとも美味しいからなのか、よくわからないがスープを口に運ぶレンゲが止まらない。きっと美味しいのだろう。

食べログ評価3.58、私の評価は3.50。

コメントを残す