味吟 押上

今日の遅めランチは押上。東京スカイツリーのお膝元です。

IMG_5309

時間はすでに3時半。中途半端な時間だけに何を食べるか悩むところだ。

IMG_5319

ネットで見つけたのが「いなり寿司 味吟」。創業50年近い老舗だという。

IMG_5318

基本的にはテイクアウトが中心のお店で、入口脇には持ち帰り用の見本が並んでいた。

IMG_5316

この中に一つだけ、「まじり」という名の桶に入ったものがある。店内にも3つテーブルがあり、そこで食べることができるのだ。

IMG_5310

「まじり」(680円)を注文した。

IMG_5315

カウンターの上には、濃いめのタレに漬け込んだアゲが置かれている。

IMG_5314

そして若女将が手際よく、いなり寿司を仕上げていく。その動きの機敏なこと。さすが江戸っ子だ。

すでに4時前なので、お客はまばらだが、お客さんが注文すると、驚くほどのスピードで持ち帰り用の箱にいなり寿司を詰め、包み紙で包装してくれる。その動きを見るだけでも、この店を訪れる価値があるぐらいだ。

IMG_5311

注文してから1分で「まじり」が運ばれてきた。

いなり寿司4個とかんぴょう巻きが4個だ。

IMG_5313

甘辛く炊いたおアゲの味は絶妙。中のご飯も少なめで、軽くいただける。

かんぴょう巻きは醤油をつけていただく。いなり寿司やかんぴょうの甘さを醤油の辛さが適度に引き締める。シンプルだが、とてもいい組み合わせだ。

午後4時に食べるランチとしてはぴったりの下町グルメだった。

IMG_5317

ちなみにお持ち帰りの一番豪華な奴は、いなり20個とのり巻き32切で4300円と書いてあった。ちょっとした差し入れにいいかも知れない。

食べログ評価3.54、私の評価は3.50。

 

 

コメントを残す