<吉祥寺残日録>岡山の家の床下をシロアリ業者と大工さんに見てもらった #211116

岡山への帰省2日目。 先月と違って畑まわりの仕事がずっと少ないので、気持ちにとても余裕がある。 先月摘んで納屋に置いておいた富有柿がすっかり熟して、半分以上は処分せざるを得ないほどグジュグジュになっていた。 まだ食べられ…

<吉祥寺残日録>吉祥寺図書館📗 農文協編「農家が教えるラクラク草刈り草取り術」(2013年/農山漁村文化協会)

8日から岡山に帰省するのを前に、図書館で雑草や草刈りに関する本を借りてきた。 これがなかなか興味深い。 たとえば、その中の一冊、徳間書店取材班編「雑草×雑学」の冒頭にはこんなことが書かれていた。 世の中には“知らなくても…

<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」に妻が2度目のワクチン接種を終える #210923

岡山から東京に戻ると「秋分の日」。 二十四節気の「秋分」について我が家のトイレにかけてある歳時記カレンダーには、『彼岸の中日。古代中国では「龍淵に潜む」と説かれた。この日より、夜が長くなる』との解説が付されている。 中国…