<きちたび>中国南京の旅〜直行便で行く3泊4日!地下鉄で巡る観光地7選

🔶「旅したい.com」から転載 <中国>直行便で行く3泊4日南京の旅!地下鉄で巡る観光地7選 🇨🇳中国/南京 2017年5月 3泊4日 ゴールデンウィークを利用して3泊4日で出かけた中国の古都、南京の旅。 成田からの直行…

南京雑記

南京リポートもいよいよ大詰め。 3泊4日の駆け足旅行で記憶に残った場所や光景を、いろいろまとめて第14弾としてまとめてみた。 今回の南京旅行。飛行機は中国東方航空の直行便を利用した。成田から南京へ週3便が飛んでいる。中国…

中華門

そろそろ帰国してから1ヶ月。南京のリポートも終わりにしなければ・・・。 第13弾は南京市街地の南にそびえる中華門だ。 中華門を訪れるのは夕方がオススメだ。南京の主な観光施設が夕方閉まるのに対し、中華門は夜8時半まで入場可…

南京総統府

南京旅行のリポート第12弾。中国近代史の舞台となった総統府だ。 地鉄2号線「大行宮駅」から歩いて行く。 駅を出ると、スターバックスの入った小洒落た飲食街がある。この交差点を右折するとすぐに総統府の長い塀が現れる。 塀に沿…

中山陵

南京旅行から戻って早いもので、もう3週間になる。忘れてしまわないうちに続きを書いておく。 南京リポート第11弾は「国父」孫文の遺体が安置されている「中山陵」である。 中山陵は、南京市北東の紫金山の中腹、「明孝陵」の近くに…

富僑足浴

ちょっと時間が経ってしまったが、南京の旅行記第10弾。 私が宿泊したホテルとその近くにあったマッサージ屋の話を書こうと思う。 今回私が宿泊したのは「ノボテル南京セントラル」。 新街口の駅から徒歩数分と立地が最高で、想像以…

大虐殺記念館③

南京事件をテーマとした「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館」のリポートを更に続ける。 この記念館で南京事件がどのように伝えられているかを詳しく書くことを目的にしている。 前回書いた「集団虐殺」の次に展示されていたのは「個別…

大虐殺記念館②

南京事件をテーマにした「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館」の続きを書く。 長く詳細な論争が続くテーマだけに、このブログでは、この記念館で南京事件がどのように伝えられているかという観点でまとめる。日本側での主張は様々な出版…

大虐殺記念館①

南京の旅シリーズ第7弾。今回の旅行でぜひ訪れたかった場所だ。 南京大虐殺記念館、正式名称は「侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館」。「南京事件」をテーマにした博物館のような施設だ。広島や長崎の原爆資料館が日本人から見た原爆の…

明孝陵

南京の旅シリーズ第6弾。明王朝を開いた朱元璋が眠る巨大なお墓「明孝陵」だ。 南京博物院を見学した後に徒歩で訪れた。 途中、緑に覆い隠された南京城壁を発見した。ここは南京を取り囲む周囲34キロの城壁の東の端に位置する。この…

琉璃餐庁

南京旅行の続き、南京最後の夜の晩ご飯の記録だ。 最後ぐらい多少奮発して人気の中国料理店で食事をと思った。想像以上に言葉が通じないことがわかったので、ホテルのレストランなら英語が通じるに違いないと考えた。 日本出発前に「ト…

夫子廟

南京に着いた夜、晩飯を食べがてら「夫子廟(ふうしびょう)」に出かけた。 超近代的な新街口から街をぶらぶら散歩しながら目的地に向かう。ネット環境を持っていないので、頼るべきはホテルでもらった一枚の簡単な地図だけだ。 途中、…

新街口

南京の街で私が一番驚いたのは意外なものだった。 これだ! 超高層ビル2棟と大型ショッピングモールの建物をキャンバスに見立てた巨大なデジタルサイネージだ。遠く離れた所からも映像が見える。 一体どうやって映像を映しているんだ…

きちたび

「きちたび」という旅のブログを始めようと思う。 正式名称は「吉祥寺のんびり村 世界旅」。去年のカナダ旅行の際、別のサイトで立ち上げたのだが、どうせならこの「吉祥寺@ブログ」の1カテゴリーに統合してしまおうと思ったのだ。 …

漢詩

今朝はマスターズゴルフの中継を見るために早起きをした。外を見ると、公園の桜が春雨にけぶっていた。 そして、燕。 燕が数羽、木々の上を舞っている。4月4日は七十二候の「玄鳥至(つばめきたる)」である。 ゴールデンウィークに…