<吉祥寺残日録>写真を撮るだけで植物の名前がわかる優れものアプリ、やっぱり中国製だった #210321

今年になってから、植物の名前を覚えることを一つのミッションとして暮らしているのだが、妻がいいアドバイスをくれた。 ラジオを聞いていたら、養老孟司さんが植物の名前を簡単に調べられるアプリを使っていると話していたというのであ…

<吉祥寺残日録>トイレの歳時記❄️七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106

海外旅行に行けなくなったせいで、今年の我が家のトイレには歳時記のカレンダーがぶら下がることになった。 昨日5日は「小寒」、そして今日6日の欄には「芹乃栄」と書いてある。 小寒のような二十四節気はテレビなどでも時々耳にする…

<吉祥寺残日録>頑張れテレビ! Nスペ「謎の感染拡大〜新型ウイルスの起源を追う〜」に見るデジタル時代の調査報道の可能性 #201228

昨夜のNHKスペシャルは、報道に携わった経験を持つ人間から見てとても刺激的な番組だった。 NHKスペシャル「謎の感染拡大〜新型ウイルスの起源を追う〜」。 そのタイトル通り、未だの謎に包まれている新型コロナウィルスの発生源…

<吉祥寺残日録>トランプvsツイッター #200530

いつ何を言い出すか予測不能なトランプ大統領の武器はツイッター。 トランプ支持者のみならず、世界中の政府関係者やメディアがトランプさんがツイッターで発信する言葉の端々から世界の未来を読み解こうとしている。 しかし、蜜月とも…

<吉祥寺残日録>信頼できる数字? #200418

中国が、1−3月期のGDPを発表した。 統計開始以来初のマイナス成長、−6.8%だった。 中国経済のマイナス成長は、1976年の文化大革命以来だという。 それだけ新型コロナウィルスの影響は歴史的だということだが、マーケッ…

<吉祥寺残日録>武漢都市封鎖解除 #200408

緊急事態宣言から一夜明け、行きつけの理髪店に散髪に行く。 東京都は理髪店も営業自粛の対象としようとして、政府が待ったをかけた。 今も調整が続いているという。 理髪店のマスターも営業を続けるべきかどうか激しく迷っていた。コ…

<吉祥寺残日録>フェイクとリアル #200406

安倍総理がようやく緊急事態宣言を出すことで腹を固めたらしい。 明日取りまとめる緊急経済対策を待っていたということだろう。 今日行われた自民党の会合でも経済対策の規模は明らかにされていないので、何かしらのサプライズが用意さ…

<吉祥寺残日録>ルービックキューブ #200405

今日の東京都の感染者は143人になった。2日連続での100人超えだ。 外出自粛要請が出されたこの週末、私は一歩も家を出なかった。 では、何をしていたのか? 子供の頃から、ずっとできなかった「ルービックキューブ」だ。 たま…

<吉祥寺残日録>アメリカが中国を抜いた #200327

新型コロナウィルスによって、いよいよ世界がフリーズしてきた。 感染者数は全世界で50万人。 ウィルスは南米やアフリカのほぼ全ての国で確認され、2日に10万人のペースで増え続けている。 一方、爆発的感染が広がるアメリカでは…

<吉祥寺残日録>マスク安全保障 #200306

新型コロナウィルスによって、世界中の人たちが知った事実がある。 それは、新感染症が猛威を振るった時、真っ先に不足するのがマスクだということ、そしてマスクの大半は中国で生産されているという事実だ。 世界中の人たちがマスクを…

<きちたび>新型肺炎の拡散で各国が出入国管理を厳しくする中で、私も来週末のミャンマー旅行をキャンセルした

新型肺炎が世界的に拡散し、ついにWHOが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。 この宣言事態は遅いし中途半端なもので、エチオピア出身のテドロス事務局長が異様なまでに中国政府に配慮しているのが不気味だった。…

中国vs新型肺炎

中国による新型肺炎との戦いが本格化してきた。 習近平さんの号令の下、一旦動き出すとどんな強行手段でも実行されるのが中国のすごいところだ。 昨日のニュースで驚いたのは、新型肺炎専用の病院を10日間で建設するという話。多数の…

新型肺炎武漢封鎖

パンデミックを防ぐ方法として最も有効なのは、病気の発生エリアを封鎖することだ。 それが現実のものとなった。 新型肺炎が拡散する中国・武漢で、今日突然交通機関が一斉に運行を取りやめた。 中国当局は、国の威信をかけて武漢に新…

米中合意第一段階

自称「ディールの達人」トランプ大統領が仕掛けた中国に対する貿易戦争。 とりあえず「第一段階」となる合意が成立し、調印式が行われた。 気になるのはその中身だ。 日経新聞の記事を引用しておく。 米通商代表部(USTR)は約9…

蔡英文 圧勝

事前の予想通りの圧勝だった。 台湾の総統選挙は、中国と距離を置く立場の民進党・蔡英文総統が大差で再選を決めた。 蔡氏の得票率は57%で、国民党の韓国瑜氏に約19ポイントの大差をつけた。得票数は817万と1996年以降の直…

新しい三国時代

明日から、年末年始の旅行に出発する。 目的地は、タイとニュージーランドだ。 タイのバンコクは、1980年代に2年ほど暮らした思い出の場所。そして、初めて訪れるニュージーランドは私にとってちょうど90カ国目の訪問国となる。…

冷戦終結30年

30年前の1989年12月3日。地中海に浮かぶマルタ島で、アメリカのブッシュ大統領とソビエトのゴルバチョフ書記長が歴史的な会談を行った。 会談の場所は、マルタ島沖に停泊したソ連のクルーズ客船マクシム・ゴーリキーの船上だっ…

香港 民主派圧勝

過激化した若者たちと警官隊の衝突で、実施が危ぶまれた香港の区議会議会選挙。 香港当局は、予定通り実施することを選択した。 結果は、民主派が議席の85%を獲得し圧勝。 私の予想は完全に外れた。 私は、一部の学生がまだ大学構…

独身の日2019

日本でもすっかりおなじみとなった中国の「独身の日」。 カリスマ経営者ジャック・マー氏が引退して初めてとなる今年の「独身の日」だが、米中の貿易戦争の影響が現れるのか注目された。 結果からいえば、1日の売り上げは4兆1000…

「愛国萌え」現象

「覆面禁止条例」が出されてから、香港の抗議活動が表面的に静かになっているように見える。 それは、そうだろう。 大規模デモを担っていたのが筋金入りの活動家ではなく一般の市民である以上、当局に顔を知られるのは恐ろしいことだ。…

中国とノーベル賞

吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞した。 吉野さんと奥様の笑顔を見ているだけで、こちらが幸せになるような素敵なキャラクターで、授賞式が楽しみである。 その吉野さんの受賞に絡んで、中国「人民日報」の日本語サイト「人民網」に興…

建国70年と香港

10月1日、中華人民共和国は建国70周年を盛大に祝った。 中でも目を引いたのが、天安門広場で繰り広げられた過去最大規模の軍事パレードである。 「人民日報」の日本語サイト「人民網」に、『新中国成立70周年軍事パレードで公開…

カリスマ経営者が消える中国

先日訪れた杭州。 着陸直前、眼下には例によって高層ビル群が現れた。 中国の都市を訪ねると、どこに行っても同様の景色を見る。 似たような高層住宅が大量に建設される。しかも、1箇所ではない。一つの都市で何ヶ所もこうした巨大団…

ZOZOとアリババ

ファッション通販サイト首位の「ZOZO」が、yahoo!の傘下に入ることになった。 昨日の朝、突然発表され、夕方の会見には多くのマスコミが集まった。 会見には、ソフトバンクの孫会長も登場し大いに盛り上がった。 何かと話題…

2019年の梅雨

ようやく昨日、東京でも梅雨が明けた。 今年の梅雨は本格派だった。 平年より8日、異常だった去年と比べると1ヶ月も遅い梅雨明けだ。 ウェザーニュースによると、弱い雨を含めると東京では33日間連続で雨を記録したという。195…

天安門事件と香港

天安門事件30年 先週6月4日で、天安門事件から30年を迎えた。 そうか。あの激動の1989年から今年でちょうど30年に当たることに今頃気づいた。昭和が終わり、天安門事件が起き、ベルリンの壁が崩壊した1989年から30年…

トランプ流

ますます世界はトランプさん中心に回っている。 そして私たちは、すっかり「トランプ流」に慣れてしまった。   今週、トランプさんが発した1つのツイッター記事に世界が振り回された。10連休がようやく明けようとするタ…

新元号は「令和」

その瞬間、私は不動産屋にいた。 私は、会社近くに本当に小さなワンルームマンションを所有している。東日本大震災直後、いつ次の地震が来てもおかしくないと思い、いつでも出社できるよう会社近くに居場所を確保したものだが、報道現場…