<吉祥寺残日録>パンデミック宣言 #200312

ついにというか、やっとというか? WHOが世界的大流行「パンデミック」になっているとの認識を初めて示した。 テドロス事務局長は、「過去の2週間で中国以外での感染者数は、13倍に増え、国の数は3倍になった」としたうえで、「…

アウシュヴィッツ解放75周年

新型肺炎と雪のニュースで、日本ではあまり報道されなかったが、自分自身で訪れたことがあると知らず知らずのうちに目が止まるものである。 27日、ナチスドイツが作った死の収容所「アウシュヴィッツ強制収容所」が解放されて75年の…

ベルリンの壁崩壊から30年

11月9日、ベルリンの壁が崩壊してから30年目の記念日だった。 歴史がひと回りしたような不思議な感慨がある。 30年前、現役の記者として働いていた私にとっても、思い出すことがいろいろある。 ベルリンの壁が崩壊する直前、私…

エコーチェンバー

トランプ大統領の登場以来、「自分ファースト」な風潮が世界に急拡大している。まさに世界中で「トランプ化」が進行中である。 今度は、南米ブラジル。「ブラジルのトランプ」と呼ばれる大統領が誕生した。 元軍人のジャイル・ボルソナ…

一帯一路

初めて「一帯一路」の現場を見た気がした。 NHKスペシャル「巨龍中国 一帯一路〜“西へ”14億人の奔流〜」が面白かった。NHKのサイトの説明では・・・ 『かつて、東西の文明を結ぶ交易路として栄えたシルクロードが今、新たな…

歴史案内人

そろそろ梅雨が明ける。 北九州で豪雨災害が起きる一方、東京は空梅雨だった。 夏休みの中欧旅行に備え、少し参考資料に目を通し始めた。 最初に読んだのは、中谷剛さんが書いた「ホロコーストを次世代に伝える アウシュヴィッツ・ミ…

ベルリンの壁

35年に及ぶテレビマン生活で、いくつか忘れられない出来事がある。その一つが、東欧革命からソ連崩壊に至る数年間。東西冷戦の一方の主役であった社会主義陣営のあまりにあっけない終焉だった。 1989年のベルリンの壁から始まる大…