さくらい

今日も朝から暑い。北海道の暑さを東京に運んできたようだ。

こんな日は冷やし中華。

妻に打診すると意外に行くという。頭痛に小麦が悪いと言って小麦類を一切取ろうとしなかったが、先日パンを食べたけど大丈夫だったらしい。どうやら小麦をやめても頭痛が起きるので、少し食べてみることにしたという。

IMG_0427

選んだのはファミリープラザ地下の老舗ラーメン屋「さくらい」。

もともと製麺所からスタートして創業46年らしい。

IMG_0426

そばの「砂場」、中華の「翠嵐」などこの地下街はいつ来ても昭和の香りプンプンだ。

店内も昭和そのもの。年季の入ったテーブルは埋まっていた。ダミ声のオヤジさんが空いたばかりの席に案内してくれた。いかにも一癖ありそうな名物オヤジらしい。

IMG_0418

醤油ラーメン600円からの豊富なメニュー。店内には90歳ぐらいかと見える超老夫婦が美味しそうに冷やし中華を食べていた。昔からこの店で冷やし中華を食べていたのだろう。

IMG_0417

「冷中華」が1000円。ひらがなが入らないのもこだわりなのだろう。

お隣の「冷つけ麺」が900円だ。両方頼んでみた。

IMG_0421

これが妻が注文した「冷中華」。

fullsizeoutput_9e3

ハム、きゅうり、トマト、錦糸卵、カニかまとなぜか春雨が載っている。麺はシコシコで。文句なしの冷やし中華だ。

IMG_0423

そしてこちらが私が頼んだ「冷つけ麺」。濃いめのつけダレは気持ちピリ辛で冷中華に比べて酸味が抑えめだろうか。

IMG_0424

こちらは鶏肉、クラゲとさくらんぼが特徴だ。

こちらも文句なく美味い。

あっという間に食べ終えて、妻は図書館に行くと言って席を立った。

冷やし中華を食いたいという暑い日の衝動は、「さくらい」によって見事に解消した。

食べログ評価3.24、私の評価は3.60。

なんでこんなに評価低いのだろう。

コメントを残す