<ロシアW杯>⑤ナイスプレー!だが悔やまれる最初の失点!日本2−3ベルギー

投稿日:

午前3時からのキックオフ。録画して朝見る予定だったが、なぜか3時直前に目が覚めた。

テレビをつける。ちょうど日本vsベルギーの決勝トーナメント1回戦が始まった。

Embed from Getty Images

 

最初のシュートを放ったのは日本。テンポ良いパス回しから香川がシュートを打った。

スターティングメンバーは私の期待通り、1、2戦目と同じメンバーに戻った。

大迫、乾、香川、原口、柴崎、長谷部、長友、昌子、吉田、酒井、川島。

Embed from Getty Images

 

落ち着いた立ち上がり。やはり今の日本代表ではこれがベストメンバーだろう。短期間の間にこのメンバーを選んだ西野監督の慧眼に敬意を評したい。

前半は、ベルギーの猛攻をしのぎ、0−0で終えた。ディフェンス陣に乱れがない。ルカクをはじめとする世界トップクラスの攻撃陣を的確に抑え、ベルギーは苦し紛れのロングシュートを放ち、流れを止めてくれた。

ただ、日本のクリアボールはことごとくベルギーに拾われた。前線でホールをキープする余裕が日本にはない。なんとかしのぎ切ったとも言える前半だった。

しかし、後半立ち上がり、日本にビッグチャンスが訪れる。

Embed from Getty Images

 

後半3分、柴崎からのロングパスが右サイドを駆け上がった原口に通った。誰もフォローする仲間はいない。フリーとなった原口は一瞬ためらったように見えたが、次の瞬間低いシュートを放った。

ボールはキーパーの手が届かぬところを通り、ゴール左隅に突き刺さった。

Embed from Getty Images

 

日本先制。世界中の予想を覆す日本の先制ゴール。前半戦からは考えられなかった予想外の展開だ。

Embed from Getty Images

 

さらに後半7分、香川から乾に渡った球を乾がエリア手前からミドルシュート。キーパーの指先をすり抜けゴール右隅に決まった。昔の日本代表では見られなかったような見事なゴール。今大会の乾は本当に素晴らしい。

Embed from Getty Images

 

誰も予想しなかった2−0での日本リード。世界ランク3位のベルギー選手にも焦りの表情が浮かんだ。

これはいけるかもしれない。私は思った。寝ていた妻も起き上がってきてテレビを見始める。

Embed from Getty Images

 

しかし、転機は後半24分だった。

日本ゴール前の競合いから相手がヘディングしたゆるいボールが川島の頭上を越え、ゴールに入ってしまった。シュートではなく、ゴール前に合わせたようなルーズボールだった。

川島!!!!!!

飛んだ位置が悪かった。不運だった。ただ、川島にはこのボールは取って欲しかった。世界レベルのキーパーならこのボールをどのように処理しただろう?

Embed from Getty Images

 

さらに後半29分、ベルギーの高さにやられた。司令塔アザールのクロスに身長194cmのフェライニが頭で合わせ鮮やかなゴールを決める。これは仕方がない。コーナーキックのたびにヒヤヒヤしたベルギーの高さ。むしろここまでよく凌いできたというべきだろう。

こうしてあっさりと同点に追いつかれたところで、日本は本田と山口を投入する。本田は得意の無回転シュートを放つなど意地を見せるが、ベルギーゴールを割ることはできなかった。

Embed from Getty Images

 

そして延長戦かと思われた後半ロスタイム。日本のコーナーキックを奪ったベルギーが速攻、シンプルにパスをつないで最後はシャドリが日本ゴールに押し込んだ。もしこの時間、日本がリードしていたら、吉田や昌子は前線に出ずカウンターを食わなかったかもしれない。

すべては最初の失点からつながっている悪い流れだ。

そしてそのまま試合終了。日本のベスト8進出はまたも夢と消えた。あと一歩だった。

Embed from Getty Images

 

この試合で私が感じたのは、ポーランド戦の後遺症だ。2点先取したチームは普通わざとらしく時間を使う。それを日本は一切せず最後まで正々堂々と戦った。ポーランド戦の最後10分間のボール回しが日本国内だけでなく、世界中から非難された。決勝トーナメント進出のための捨て身の賭けだったが、西野監督も選手たちもよほどこたえたのだろう。その影響がこの試合に出てしまった。日本は世界標準のズルさを捨てたのだ。

その意味では、潔い敗戦だった。日本中が落胆したが、同時に彼らを称えた。日本人はやはりズルさよりも潔さを愛する国民なのだ。

Embed from Getty Images

 

これでサムライブルーのロシアは終わった。

ナイスプレーだった。心から拍手を送りたい。

中田中心の時代よりも、本田中心の時代よりも今の日本代表は層が厚くなり、レベルアップしていると私は思う。乾や柴崎にはこれまでの日本代表とは一味違ったスキルを感じる。

2022年の日本代表に期待しよう。

 

 

コメントを残す