<きちたび>両国国技館で一日中大相撲を観戦する① 国技館はワンダーランドだ

歳をとったせいだろうか?

このところ、大相撲にはまっている。場所が始まると、なるべく早く帰宅し、帰れない日には大相撲を録画するようになった。

そして、国技館で大相撲を見てみようと思い立った。

ダメ元でネットで予約して見たら、抽選で当たった。

令和になって最初の場所となる大相撲夏場所14日目。2階のイスB席5100円が2席だ。

ということで、生まれて初めて国技館で大相撲を観戦することになったのだ。

JR両国駅

総武線に乗って両国駅に着いたのは、午前10時40分。

大相撲は朝早くからやっていることも今回初めて知った。妻はそんな長時間見たくないというので、一人で朝から出かけた。

両国駅には、白鵬と武蔵丸の額。相撲の町としての演出がしっかりとなされている。

大昔、好きだった三重ノ海の額も飾られている。

渋いなあ。

両国駅に付属する施設「両国〜江戸NOREN」では、ちょうど相撲甚句が披露されていた。

相撲甚句というのは、大相撲の巡業などで披露される七五調の囃子歌である。「どすこい」の合いの手が入るのが特徴で、珍しいので動画を撮影した。

日本相撲甚句会が行う公演は、場所に合わせて土日の午前10時45分から始まるそうだ。たまたま私がその時間に通りかかったというのは、かなり運が良かったということだろう。

この施設、2016年にオープンしたまだ新しい複合施設で、土俵や観光案内所のほかに、12の飲食店が入居している。外国人観光客の姿もたくさんある。

両国駅から国技館に向かう道端にはいくつかの露店が並んでいたが、その中に「Abema TV」のブースがあった。アベマでも大相撲中継をやっているのを初めて知った。それも序の口の取り組みから中継しているという。

両国国技館へ

そこを過ぎるとすぐに色鮮やかな相撲のぼりが目に飛び込んでくる。

力士の名前には黒星を連想させる黒色は使わない、スポンサー名には赤字を連想させる赤色は使わない。昔の人の縁起担ぎは徹底している。

今場所前半で俄然注目を集めた小兵・炎鵬ののぼりがひときわ目立つように立っていたのも、さりげない演出だろうか?

そして国技館のシンボル「太鼓櫓」。

高さは16mあり、1995年に現在の鉄骨製の櫓に変わった。

反対側から見ると、その構造がよくわかる。

この櫓にはエレベーターが設置されていて、呼び出しが2人エレベーターで櫓のてっぺんに登り、太鼓を打つ。下からは人の姿が見えないので、本当に人が太鼓を打っているのか疑いながらその音を聞いた。

広告

コメントを残す