<きちたび>両国国技館で一日中大相撲を観戦する② 序の口から幕内まで様々な角度から土俵を見てみた

令和になって初めてとなる大相撲夏場所。

両国国技館での大相撲観戦の続き、いよいよ観客席の話と土俵上の熱戦について書きたい。

午前11時

午前11時前の国技館。

この日の取組開始は、10時40分だったので、まだ序の口の相撲が行われていた。客席はまだガラガラだ。

初めて見る序の口の相撲。

テレビ中継される幕内の相撲とはいろいろ違うことに気づく。たとえば・・・

お気づきだろうか?

そう、塩や力水がないのだ。

塩や力水がないとどうなるかというと・・・

仕切りに入った後、いちいち塩を取りに行かないので、どんどん取組が進むのだ。次から次へ、力士が出てきては、どんどん相撲を取っていく。

これは序の口だけでなく、序二段、三段目、さらには幕下まで塩も力水もないのだ。

「十両以上が一人前の力士」という明確な格付けが、土俵上のスタイルにもはっきりと表れているということなのだろう。

序の口や序二段だと、痩せた力士が多いのだろうと思っていたのだが、どっこい、こんな巨漢力士もいる。むしろ炎鵬のような痩せた力士の方が稀なぐらいだ。

本日の取組表

客席はガラガラでも、審判の親方がたは序の口から5人座っている。

この日の序の口の勝負審判の中には、引退した稀勢の里や高安の親方である田子ノ浦さんの姿もあった。

物言いもちゃんとやる。

田子ノ浦さん以外の4人は、現役時代の四股名でいうと千代大海、土佐ノ海、大善、旭天鵬。懐かしい名前ばかりだ。

国技館に入場する際、一枚の印刷物を渡されるのだが、一段落して見てみると、幕内力士はもちろん幕下以上の星取表が印刷してある。

前日までの成績が反映されているので、毎日印刷しているということだろう。

裏面には、この日のすべての取組が書かれている。

この日の注目は何と言っても最後の2番。優勝が懸かった「朝乃山−豪栄道」と結びの「鶴竜−栃ノ心」だが、今見ている序の口の対戦も力士名とともに印刷されていた。勝負審判や行司、呼び出しの名前も載っていて、便利だ。

広告

コメントを残す