マラソン人類初の2時間切り!

日本がラグビーに沸いている間に、世界ではとんでもない記録が生まれていた。

人類が初めて、マラソン2時間の壁を破ったというのだ。

フルマラソン、1時間59分40秒。

この大記録を打ち立てたのは、リオ五輪の金メダリストで現在の世界記録保持者、ケニヤのエリウド・キプチョゲだ。

ただし、このタイムは非公認記録である。

なぜなら、この記録が生まれたのは通常のレースではなく、ウィーンで行われた「イネオス1:59チャレンジ」という人類初の2時間切りを目指したスペシャルレースだった。

選手は、キプチョゲ選手ただ一人。彼を40人余りの一流選手が交代でペースメーカーとなってサポートした。

さらに、前を走る自動車が2時間切りのペースを正確に測りながら走り、その車から路上にレーザー光線で目標となるラインが投影された。選手はそのラインを目印にして走れば自動的に2時間切りが達成できる仕組みだ。

コースやコンディションも最も記録が出やすい条件が整えられ、通常のレースのような上げ下げもない。すべては人類がフルマラソン2時間切りを達成することだけのために万全に準備されたのだ。

そしてキプチョゲは、見事に目標を達成した。

マラソン王国ケニヤのポテンシャルと、最新のスポーツ科学の融合が実現した夢の瞬間だった。

ちなみに、キプチョゲ選手は2017年にナイキがスポンサーとなって同じく2時間ギリに挑戦したことがある。その時のタイムは2時間0分25秒。そして今回はイギリスの化学企業イネオスがスポンサーとなり、スペシャルレースが行われた。

日本では先日、MGCが行われて東京オリンピックの代表が決まったが、世界との開きは大きい。

マラソン日本の復活は、ますます遠くなった気がする。

でも、やはりマラソンは記録ではない。

マラソンは、人間ドラマであり、駆け引きこそが感動を呼ぶ。

広告

コメントを残す