<吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「リンデ」の「ミューズリーブローティヘン」&「カイザークラーゲン」

今日は七十二候の「麦秋至」。

ということで、昼ごはん用に「麦」を感じるパンを買おうと思った。

向かったのはサンロード商店街にあるドイツパンの「ベッカライカフェ・リンデ」。

「ベッカライ」というのはドイツ語で「パン屋」を意味するのだそうだ。

去年はクローズしていた時期もあった2階のカフェも営業しているようだ。

「リンデ」というお店の名前の由来について、ホームページにはこう書かれている。

店名となった「リンデさんは1960年に宣教師であるゴットホルド・ベックさん(ベックさんのインタビュー記事はこちら)と奥様のミンヘンさんの間にドイツで生まれ、日本で育ちました。リンデさんはイエス・キリストを述べ伝える希望に燃えて吉祥寺でご家族と生活を共にされておりましたが、1980年8月20日、20歳のときに、癌の病で志半ばにして昇天されました。」。

引用:「ベッカライカフェ・リンデ」公式サイトより

謎めいた文章だが、リンデというのは20歳で亡くなったドイツ人青年の名前のようだ。

お店の入り口には、ドイツパンの絵やランチセットの写真とともに「メンズデー」と書かれた紙がぶら下がっている。

私は知らずに訪れたのだが、毎週月曜日、男性客は10%引きでパンやサンドイッチを買うことができるらしい。

そう、今日は月曜日、これも「麦」のお導きなのかもしれない。

店内にはすでにお客さんがいる。

レジ前にはディスタンスを取るようにテープが貼られていて、私も混み合わないよう気をつけながらパンを選ぶ。

ドイツのパンは、フランスなどとは違って無骨な味わいがある。

小麦だけでなく、ライ麦を使ったパンもポピュラーで、ナッツや種を貼り付けたドイツパンは私の好みだ。

パンが並べられた棚の上には、「全ドイツクリスチャン製パン協会会長」の写真が飾られている。

この店のオーナーさんは、きっと経験なクリスチャンなのだろう。

私がまず選んだのは、「ミューズリーブローティヘン」(227円)。

「クルミ、ヘーゼルナッツが入った、小型のパン」という説明が書かれ、ライ麦が30%使用されているらしい。

もう一つ選んだのは「カイザークラーゲン」(216円)。

「クラーゲンとは襟をドイツ語で意味し、その皇帝の襟をチョコレートの一部コーティングで表しました。デニッシュ生地の中には、クリーミーなチョコレートが入っています。コーヒーや紅茶のお供にぴったり合います。」との説明も・・・。

こちらは、ライ麦は入らず小麦だけで作られた普通のパンのようだ。

妻は要らないというので、この2つだけを買ってレジで代金を払ったのだが、レジの脇にはこんなパンのケースが置かれていて、ドイツパンの代表格である「プレッツェル」が安くて旨そうだ。

「プレッツェルバターサンド」というのも並んでいて、思わずこれも買おうかと思ったが、次回の楽しみにとっておくことにした。

メンズデーの10%割引を受けて、支払いは2個で398円。

ドイツパンは高い印象を持っていたのだが、極めてリーズナブルな価格だと思う。

まずはクルミとヘーゼルナッツが入ったという「ミューズリーブローティヘン」(227円)から。

他にもゴマや何かの種も表面にまぶしてある。

「リンデ」のメニュー表を見ると、「ドイツでは昔から食べられているライ麦パン」だそうで、材料は小麦粉、ライ麦粉、クルミ、ヘーゼルナッツ、イースト、塩、ライ押し麦、白ゴマ、オートミール、向日葵の種、黒ゴマ、ライ麦全粒粉と表示されていた。

カットしてみると、中からクルミとヘーゼルナッツ。

主役たちはここに隠れていたのだ。

食べているとしっかりとした噛みごたえがあるが、硬いというわけではなく予想した通りの美味しさがある。

このパンは妻も食べたいと言うので半分あげた。

続いては、「カイザークラーゲン」(216円)。

皇帝の襟をイメージしたこのパンの材料は、小麦粉、チョコフラワーペースト、マーガリン、チョコレート、砂糖、加工澱粉、乳化剤、香料、カラメル色素、増粘多糖類、保存料、酸味料、リン酸塩。

「ミューズリーブローティヘン」に比べると、ふんわり仕上げるために人工的な材料も使われている。

その分、食べ慣れた感じの見た目で、妻はまったく興味を示さなかった。

カットしてみると、中にはたっぷりとチョコクリームが入っている。

まあ一言で言えば、子供の頃に大好きだった「チョココロネ」の味に近い。

ドイツパンと言っても無骨なものばかりではないというのが今日の収穫。

また新たな味を求めて、ちょくちょくお邪魔したいと思う。

食べログ評価3.73、私の評価は3.60。

「ベッカライカフェ・リンデ」
電話:0422-23-1412
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休
https://www.lindtraud.com/

<吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#2「リンデ」の「フレッシュジャーマンサンド&スモークサーモンサンド&ヌストルテ」

吉祥寺パン屋めぐり

  1. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#1「トーホーベーカリー」の「自家製サクサクカレーパン&ふんわりとろけるクリームパン&三鷹の森あんぱん」
  2. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#2「リンデ」の「フレッシュジャーマンサンド&スモークサーモンサンド&ヌストルテ」
  3. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#3「クリスベーカリー」の「オリーブ食パン」
  4. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#4「ダンディゾン」の「おまかせパンセット」
  5. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#5「THE CITY BAKERY」の「プレッツェルクロワッサン&チーズデニッシュ&パンプキンパイ」
  6. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#6「TRIVANDRUM」の「ハンバーグサンド&レーズンダマンド」
  7. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#7 「リベルテ•パティスリー•ブーランジェリー」の「クロワッサン•アーモンド&トラディションショコラ」
  8. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#8「サイドウォークスタンド イノカシラ」の「ピスタチオクリームサンド」
  9. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#9「風のすみか」の「スマイルカレーパン&かえるくん」
  10. <吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#10 「EPEE」の「アンチョビオリーブ&パンオショコラ」
  11. <吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「TAKUMI×SANDWICH」の「千葉県房総オリヴィアポーク ごま和風サラダ」
  12. <吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「ベーカリー&カフェ ルパ」の「吉祥寺カレーパン」
  13. <吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「パンの田島」の「コンビーフポテト」
  14. <吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「フルーツサンド専門店 先手家」の「キウイ」&「とちあいか」
  15. <吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「ル ・リス」の「ピティヴィエ」&「フロマージュ」
  16. <吉祥寺グルメ>パン屋さんめぐり「リンデ」の「ミューズリーブローティヘン」&「カイザークラーゲン」

コメントを残す