<吉祥寺残日録>トイレの歳時記❄️七十二候「麋角解(さわしかのつのおつる)」、東京もこの冬の氷点下に #211227

「空がきれいだよ」と言って妻に起こされた。

時間は午前6時すぎ。

確かに東の空が赤く染まってはいるが、この季節には毎年見られる景色であり、わざわざ起こしてくれなくてもと思いながらベッドに戻った。

後から聞いたところによれば、今朝の東京の最低気温はマイナス2度を下回り、この冬初めて氷点下を記録したという。

しかし、日本側の各地は大変なことになっているらしく、滋賀や兵庫では24時間の降雪量が史上最多を記録したところもあり、各地で立ち往生となる道路も出ているようだ。

数年に一度と言われる今回の寒波は明日まで続くようだが、私は雪見露天風呂にでも行きたいなあなどと呑気に妄想したりしている。

暦を見ると、今日から冬至の次侯で「麋角解(さわしかのつのおつる)」となる。

「シカの角が落ちて生え変わる頃」という意味らしい。

鹿といえば、奈良公園のシカを思い浮かべるが、「麋」という見慣れぬ漢字は大型のシカ、すなわちヘラジカまたはオオジカを指すようである。

奈良のシカは、10月ごろに「鹿の角きり」という恒例行事で無理やり角を切り落とされるが、実は放っておいても角は自然に落ちるのだ。

鹿の角は「枝角」と呼ばれオスだけに見られ、毎年生え変わる。

成長は先端で起こり、最初は軟骨であり、後に骨組織に置き換わる。枝角がフルサイズに達すると、ベルベットが失われ、枝角の骨が死ぬ。この死んだ骨の構造が成熟した枝角である。ほとんどの場合、根元の骨は破骨細胞によって破壊され、枝角はある時点で脱落する。

出典:ウィキペディア

何とも不思議ではあるが、鹿の角が落ちて季節を知るというのも風流な気がする。

吉祥寺にも実は鹿がいるのだという。

井の頭自然文化園で飼育されている「ヤクシカ」。

鹿児島県屋久島に生息する小型の鹿だというので、見に行こうと思ったらあいにく今日は休園日だった。

仕方がないので、いつものように井の頭公園を一回りすることにした。

氷点下の寒さはすでに去り、さほど風もないので寒さはあまり感じない。

木々の葉はほとんど散ってしまったが、落ち葉も取り除かれて井の頭池の水は驚くほど澄んでいた。

夏にはあんなに緑色のアオコで濁っていたのに・・・。

この長いクチバシは「オナガガモ」だろうか?

透き通った水面を気持ちよさそうに泳いでいる。

冬には冬の良さがある。

こちらでは、「マガモ」がじっと動こうとしない。

昼寝でもしているのだろうか?

全身を羽毛に覆われているのだから、氷点下になっても寒さは感じないのだろう。

チィーッという甲高い鳴き声がして頭上を見上げると、私のお気に入り「カワセミ」が枝に止まっていた。

高い場所から獲物を狙っているのだろう。

採餌するときは水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、魚類や水生昆虫をくちばしでとらえる。エビやカエルなども捕食する。ときには空中でホバリング(滞空飛行)しながら飛び込むこともある。水中に潜るときは目からゴーグル状のもの(瞬膜)を出し水中でも的確に獲物を捕らえることが出来る。また、水中に深く潜るときはいったん高く飛び上がってから潜る個体も存在する。捕獲後は再び石や枝に戻ってえものをくわえ直し、頭から呑みこむ。大きな獲物は足場に数回叩きつけ、骨を砕いてから呑みこむ。

出典:ウィキペディア

冬になると鳩たちの姿を地上でよく見るようになる。

「ドバト」または「カラスバト」と呼ばれる見慣れた鳥だが、餌となる種子が落ちているからだろう。

鳩は「平和のシンボル」というイメージがあるが、実はこれはキリスト教に基づいた西洋の考え方が日本に根付いたためで、日本ではもともと軍神である八幡神の神使とみなされていて、そのため神社の境内に鳩がいるのだそうだ。

狛江橋あたりまで来ると、対岸の枝に「コサギ」と「ゴイサギ」が仲良く止まっているのが見えた。

サギ類はよく他の種類のサギたちと同じ個所に集まって営巣しコロニーを作るそうだ。

赤い目をしたちょっとグロテスクな「ゴイサギ」は、夜行性のため昼間はこうして長時間同じ場所でじっとしている。

優雅な白鷺に比べて鈍臭そうなところが愛らしく、私のお気に入りの鳥である。

木の葉が落ちると、こうして鳥たちを観察しやすくなるのも冬の楽しみと言えるだろう。

公園を歩くと、多くの鳥たちの声が聞こえる。

今年の初夏、夏鳥たちの鳴き声を覚えたいと考えて、自分の聴力が著しく劣っていることに気づいたが、さて冬鳥の声を少しでも聞き取れるようになるだろうか。

うるさい「ヒヨドリ」の声に邪魔されないようにしながら、冬の公園で美しい鳴き声の鳥を探してみようと思っている。

<吉祥寺残日録>小鳥の「さえずり」を聴き分けようとして、自らの聴力の欠陥に気づく #210504

【トイレの歳時記2021】

  1. 七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106
  2. 七十二候「水泉動(すいせんうごく)」に考えるステイホームの過ごし方 #210110
  3. 七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」にキジを見に井の頭自然文化園に行ってみた #210115
  4. 七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」に「大寒」の井の頭公園を歩く #210120
  5. 七十二候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」と初場所・初縁日 #210125
  6. 七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に紀ノ国屋で二番目に高い卵を買う #210130
  7. 七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」に立春をさがす #210203
  8. 七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に考える「野生のインコ」と「生物季節観測」のお話 #210208
  9. 七十二候「魚上氷(うおこおりをいずる)」、日本にもワクチンが届いた #210213
  10. 七十二候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」、ワクチン接種も始まった #210218
  11. 七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」、霞と霧と靄の違いを調べる #210223
  12. 七十二候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に草木の『萌え』を探す #210228
  13. 七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に早咲きの桜を愛でる #210305
  14. 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」、梅と桜と桃の見分け方 #210310
  15. 七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」、公園の花見会場は封鎖されていた #210315
  16. 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、やっぱり「春はセンバツから!」 #210320
  17. 七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に見回る2021年お花見事情 #210325
  18. 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」、雨上がりの井の頭公園は極楽のようだった #210330
  19. 七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」、伯母の家にもツバメと医者がやってきた #210404
  20. 七十二候「鴻雁北(こうがんきたへかえる)」、井の頭公園から渡り鳥が消えた #210409
  21. 七十二候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に知る鴨長明の「ひとりを愉しむ極意」 #210414
  22. 七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」、水草は生き物たちのパラダイス #210420
  23. 七十二候「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」、岡山の伯母に「要支援1」が出た #210426
  24. 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」に「ツツジ」と「サツキ」と永井荷風を知る #210430
  25. 七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」、カエルは鳴かずとも夏は来る #210505
  26. 七十二候「蚯蚓出(みみずいづる)」、三男の結婚式の行方 #210510
  27. 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」、緊急事態宣言が出た岡山の竹藪を想う #210515
  28. 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521
  29. 七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」に観察するアジサイの花とスッポンの子ども #210526
  30. 七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」、カワウやカイツブリの子育てもそろそろ終盤 #210531
  31. 七十二候「螳螂生(かまきりしょうず)」に考える「共食い」という現象 #210605
  32. 七十二候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」に三鷹「ほたるの里」で蛍狩り #210610
  33. 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」、梅雨入りに梅ジャムを食す #210615
  34. 七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」、夏至に家族写真を飾る #210621
  35. 七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」、アヤメとショウブとカキツバタ #210627
  36. 七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、妻のワクチン予約をする #210702
  37. 七十二候「温風至(あつかぜいたる)」、東京五輪の”無観客”が決定 #210709
  38. 七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」、伯母を病院に連れて行く #210712
  39. 七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」、自殺した林真須美死刑囚の娘 #210717
  40. 七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」、感染拡大の中でオリンピックが始まった #210722
  41. 七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」、台風とともにコロナ感染者も過去最高2848人に #210728
  42. 七十二候「大雨時行(たいうときどきにふる)」、コロナと五輪の中で迎えた39回目の結婚記念日 #210801
  43. 七十二候「涼風至(すづかぜいたる)」、期待の“リレー侍”バトンミスの衝撃 #210807
  44. 七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、井の頭公園にもヒグラシが鳴く #210812
  45. 七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817
  46. 七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」、残暑の中に感じる秋の気配 #210823
  47. 七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」、アフガンの混乱とニクソン・ショックから50年 #210828
  48. 七十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」、霊園の当選通知が届いた日に妻がワクチンを射つ #210902
  49. 七十二候「草露白(くさのつゆしろし)」、7日連続の25度未満は113年ぶりの低温記録 #210907
  50. 七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」に鳥たちの空中戦を見る #210912
  51. 七十二候「玄鳥去(つばめさる)」に考える男の「老い」 #210917
  52. 七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」に妻が2度目のワクチン接種を終える #210923
  53. 七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」、ウイルスはどこに隠れたのか? #210928
  54. 七十二候「水始涸(みずはじめてかる)」に気持ちの良い水辺を歩く #211003
  55. 七十二候「鴻雁来(こうがんきたる)」に感じる首都直下地震のリアル #211008
  56. 七十二候「菊花開(きくのはなひらく)」にセイタカアワダチソウの黄色い花が満開だ #211013
  57. 七十二候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」に浮上したシロアリ問題 #211018
  58. 七十二候「霜始降(しもはじめてふる)」に清々しい秋の公園を歩く #211023
  59. 七十二候「霎時施(こさめときどきふる)」、健康診断を受けてカレンダーを買う #211028
  60. 七十二候「楓蔦黄(もみじつたきばむ)」に旧「葡萄屋」脇の道路が陥没した #211102
  61. 七十二候「山茶始開(つばきはじめてひらく)」、ツバキとサザンカの違いとは #211107
  62. 七十二候「地始凍(ちはじめてこおる)」に考える来年からの「隠居」計画 #211112
  63. 七十二候「金盞香(きんせんかさく)」に母を連れて「むらかみ農園」に行く #211117
  64. 七十二候「虹蔵不見(にじかくれてみえず)」、陰気な雨の中を東京に戻る #211122
  65. 七十二候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」、コロナバブルはいつ崩壊するのか? #211127
  66. 七十二候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」に謎のマシーンが水上を走る #211202
  67. 七十二候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」に知る蚊柱とガス警報器の話 #211207
  68. 七十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる)」、熊はなんと冬眠しながら赤ちゃんを産むのだ #211212
  69. 七十二候「鱖魚群(さけのうおむらがる)」、岡山に初雪が降った日には家仕事 #211218
  70. 七十二候「乃東生(なつかれくさしょうず)」、冬至に畑の「寒起こし」に挑戦する #211222
  71. 七十二候「麋角解(さわしかのつのおつる)」、東京もこの冬の氷点下に #211227

コメントを残す