かいぼり終了

井の頭池の「かいぼり」が先週末で終了。今朝見るといつの間にか池の水量が増えていた。

「かいぼり」は2017年の井の頭公園100周年に合わせて、かつてのような澄んだ水を取り戻そうと官民あげて取り組んでいる活動らしい。2年前にも行われたがその際は弁天池はそのままで、今年初めてすべての池の水を抜いたのだと言う。外来魚も多数駆逐され本来の生態系に戻ることが期待されている。

「かいぼり」期間中、週末には「地底人ツアー」と称して長靴を履いて泥の中を歩き回るイベントも開催された。

img_5413
きょうはこの季節にしては気温が高い。ベランダに出ても寒くない。うっすらと霧が立ちこめて朝日を遮った。引っ越してから初めての霧だ。もう少し太陽にがんばってもらうと幻想的な風景になるのだが、なかなかそううまくはいかない。

井の頭公園の梅は、三鷹の家の近くにあるICU国際キリスト教大学の梅の木に比べて開花が遅い。それでもこのところの気温で一気に満開に近づいた。桜と新緑が楽しみだ。

コメントを残す