<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「霎時施(こさめときどきふる)」、健康診断を受けてカレンダーを買う #211028

我が家のトイレにかけてある歳時記カレンダーも残すところ2ヶ月となった。

今日からは七十二候の「霎時施(こさめときどきふる)」となる。

「霎」という字はあまり見たことがないが「こさめ」とか「しばし」と読むことが一般的なようだ。

しかし我が家のカレンダーには「しぐれときどきほどこす」とルビがふられていて、「時雨(しぐれ)が時々降る頃」とその意味が書かれていた。

「時雨」とは、主に秋から冬にかけて起こる、一時的に降ったり止んだりする雨のことである。

まさに変わりやすい秋の空を代表する言葉という印象だ。

確かにこのところ、天気の変化が大きい。

雨が降ってブルブル震えるような日があると思えば、真っ青な空が広がる暖かな日もある。

大陸からの移動性高気圧が西から東に移動するこの季節、天気はなかなか安定しないのは日本列島の宿命なのだ。

そういえば、「女心と秋の空」ということわざがある。

実は、「男心と秋の空」の方がもともとなのだそうだ。

「All About」に、面白い記事が載っていた。

『「女心と秋の空」と「男心と秋の空」 元々はどっち?意味・由来や語源の違い』

三浦康子さんという方が書いたこの記事の一部を引用させていただこう。

「男心と秋の空」のことわざができたのは江戸時代。当時は既婚女性の浮気は命を落とすほどの重罪でしたが、既婚男性の浮気には寛大だったこともあり、移り気なのはもっぱら男性だったのです。また、若い娘に男性を警戒するよう戒めたり、ふられた際の未練を断ち切る慰めにも使われました。江戸時代の俳人・小林一茶は「はづかしや おれが心と 秋の空」という俳句を詠んでいます。

それ以前の和歌でも男心は移ろいやすいものとして扱われ、室町時代の狂言『墨塗』に「男心と秋の空は一夜にして七度変わる」という有名なセリフがあります。

では、「女心と秋の空」と言われるようになったのは、いつごろでしょう?

明治時代の尾崎紅葉の小説『三人妻』に「男心と秋の空」がでてきますが、「欧羅巴の諺に女心と冬日和といえり」と続きます。おそらくこれは、イギリスの「A woman‘s mind and winter wind change often」(女心と冬の風)ということわざのことで、強風や弱風に変化しやすい冬の風を女心にたとえたもの。この頃から変化の兆しがみえてきます。

その後、大正デモクラシーで女性の地位が向上すると、恋愛の価値観も変わります。当時、一世を風靡した浅草オペラで、『風の中の 羽のように いつも変わる 女心――』と歌う『女心の歌』※が大ヒット。西洋文化の影響で女性が素直に意思表示できるようになったこともあり、この頃から「女心と秋の空」とも言われるようになりますが、愛情に限らず、喜怒哀楽の感情の起伏が激しいことや物事に対して移り気なことを示しており、男心とは少しニュアンスが違うようです。

引用:All About『「女心と秋の空」と「男心と秋の空」 元々はどっち?意味・由来や語源の違い』

江戸時代は「男心」、大正時代は「女心」。

要するに、力関係が変わったということなのだろう。

我が家に当てはめてみると、明らかに「妻の心と秋の空」という印象だ。

機嫌がいい時と悪い時でまるで別人になる。

とはいえ、妻から言わせれば、私もいつも言うことがコロコロ変わるそうで、「君子豹変す」と言えば聞こえはいいが確かに思い当たる節もある。

つまりは、お互いが我慢をしなければ、「男心」も「女心」も本来、秋の空のように移ろいやすいものなのだ。

「結婚生活は我慢が肝要」と昔の人は言ったそうだが、いつの時代も人間関係に我慢は必要不可欠ということだろう。

さて、今日は朝から「霎」とはまったく無縁なような青空が広がっていた。

私は妻と連れ立って外出した。

日差しがたっぷりで暖かい。

向かったのは吉祥寺駅近くの雑居ビルの最上階にある「藤田クリニック」。

初めてかかるお医者さんで、健康診断を受けるのが目的だった。

私は退職後も勤めていた会社の健康保険組合に入れてもらっているのだが、ここから年一回の健康診断を受けるよう通知が届いた。

都心の大病院から近くのクリニックまでたくさんの対象医療機関が載っているリストの中から家からすぐのこのクリニックを選んだ。

吉祥寺の医療機関の場合には、武蔵野市が行っている健康診断を受ける形になるようで、受診表などをあらかじめ市の保健センターにもらいに行った。

ただし、費用は武蔵野市ではなく私が加入する健保組合が全額負担してくれることになるようだ。

採血や心電図、レントゲン検査などを一通り行い、医師の診察を終える頃には1時間半ぐらい経っていた。

今日のところは特段問題はなかったようだが、レントゲンなどは専門医が確認する必要があるそうで、正式な結果は1ヶ月後の改めてこのクリニックを訪ね聞くことになる。

健康診断を終えて、私たちは東急百貨店の中にある紀伊国屋書店に行った。

ちょっと気が早いが、来年のカレンダーを購入するのが目的だった。

トイレにぶら下げるカレンダーには、いささかのこだわりがある。

トイレの時間というのは他にやることもないので、自ずと目の前にぶら下がっているカレンダーを眺めるからだ。

去年までは海外旅行先で買い求めた写真が美しいカレンダーがいつもかけてあった。

それがコロナによって海外旅行に行けなくなり、今年は「二十四節気・七十二候 歳時記カレンダー」というものに変わったのだが、これが案外役に立った。

とにかく人生でこれまで興味を持ってこなかった日本の伝統的な暦が、私たちの目にとても新鮮に映ったのだ。

「来年もこの歳時記カレンダーにしよう」

早い段階で、そう決めていた。

去年、吉祥寺にある本屋さんを回ってカレンダーを探した時、ここ紀伊国屋書店が一番多彩なカレンダーを置いているのを知った。

今年使っている歳時記カレンダーもこの書店で買い求めたものだ。

そして探していた「歳時記カレンダー」はすぐに見つかった。

見た目は今年のものとほとんど同じだが、書かれている内容は微妙に違う。

「よしよし、これでいい」

二人で合意して妻がレジに買いに行った時、私は歳時記カレンダーの裏に隠れていた別のカレンダーに気がついた。

「四季の恵みをいただきます 和食の暦」

副題として「二十四節気・七十二候 暦にちなんだ和食の話をお届けします」と書いてある。

これもいい、と思った。

私はもともと食に関心が薄く、和食の知識をほとんど持っていない。

来年も海外旅行にはそう行けそうにないので、ここは趣向を変えて、和食文化を軸として一年を過ごしてみるのもいいのではないか・・・。

そう思って、レジに向かっていた妻を呼び止めた。

「男心と秋の空」

やはり私は妻が言うように、言うことがコロコロ変わる男なのである。

こうして我が家に新しいカレンダーがやってきた。

来年は令和4年、壬寅(みずのえとら)である。

カレンダーの表紙にはこう書いてあった。

『日本では春夏秋冬とめぐる季節が豊かな作物をもたらします。細やかな季節の移り変わりに寄り添い、四季の恵みを暮らしに活かす。そんな先人の「知恵」を受け継ぐ日々をはじめてみませんか。』

いいじゃないか、始めてみよう。

来年は和食についてもっと知り、実際に食べてみて、その歴史を調べてみよう。

おそらく国内旅行には行きやすくなるだろうから、和食というテーマは実にふさわしい。

こうした来年の新たなテーマが1つ決まった。

<吉祥寺残日録>妻の誕生日、2021年のカレンダーを探して吉祥寺の本屋を巡る #201127

【トイレの歳時記2021】

  1. 七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106
  2. 七十二候「水泉動(すいせんうごく)」に考えるステイホームの過ごし方 #210110
  3. 七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」にキジを見に井の頭自然文化園に行ってみた #210115
  4. 七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」に「大寒」の井の頭公園を歩く #210120
  5. 七十二候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」と初場所・初縁日 #210125
  6. 七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に紀ノ国屋で二番目に高い卵を買う #210130
  7. 七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」に立春をさがす #210203
  8. 七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に考える「野生のインコ」と「生物季節観測」のお話 #210208
  9. 七十二候「魚上氷(うおこおりをいずる)」、日本にもワクチンが届いた #210213
  10. 七十二候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」、ワクチン接種も始まった #210218
  11. 七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」、霞と霧と靄の違いを調べる #210223
  12. 七十二候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に草木の『萌え』を探す #210228
  13. 七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に早咲きの桜を愛でる #210305
  14. 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」、梅と桜と桃の見分け方 #210310
  15. 七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」、公園の花見会場は封鎖されていた #210315
  16. 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、やっぱり「春はセンバツから!」 #210320
  17. 七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に見回る2021年お花見事情 #210325
  18. 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」、雨上がりの井の頭公園は極楽のようだった #210330
  19. 七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」、伯母の家にもツバメと医者がやってきた #210404
  20. 七十二候「鴻雁北(こうがんきたへかえる)」、井の頭公園から渡り鳥が消えた #210409
  21. 七十二候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に知る鴨長明の「ひとりを愉しむ極意」 #210414
  22. 七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」、水草は生き物たちのパラダイス #210420
  23. 七十二候「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」、岡山の伯母に「要支援1」が出た #210426
  24. 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」に「ツツジ」と「サツキ」と永井荷風を知る #210430
  25. 七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」、カエルは鳴かずとも夏は来る #210505
  26. 七十二候「蚯蚓出(みみずいづる)」、三男の結婚式の行方 #210510
  27. 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」、緊急事態宣言が出た岡山の竹藪を想う #210515
  28. 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521
  29. 七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」に観察するアジサイの花とスッポンの子ども #210526
  30. 七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」、カワウやカイツブリの子育てもそろそろ終盤 #210531
  31. 七十二候「螳螂生(かまきりしょうず)」に考える「共食い」という現象 #210605
  32. 七十二候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」に三鷹「ほたるの里」で蛍狩り #210610
  33. 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」、梅雨入りに梅ジャムを食す #210615
  34. 七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」、夏至に家族写真を飾る #210621
  35. 七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」、アヤメとショウブとカキツバタ #210627
  36. 七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、妻のワクチン予約をする #210702
  37. 七十二候「温風至(あつかぜいたる)」、東京五輪の”無観客”が決定 #210709
  38. 七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」、伯母を病院に連れて行く #210712
  39. 七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」、自殺した林真須美死刑囚の娘 #210717
  40. 七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」、感染拡大の中でオリンピックが始まった #210722
  41. 七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」、台風とともにコロナ感染者も過去最高2848人に #210728
  42. 七十二候「大雨時行(たいうときどきにふる)」、コロナと五輪の中で迎えた39回目の結婚記念日 #210801
  43. 七十二候「涼風至(すづかぜいたる)」、期待の“リレー侍”バトンミスの衝撃 #210807
  44. 七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、井の頭公園にもヒグラシが鳴く #210812
  45. 七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817
  46. 七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」、残暑の中に感じる秋の気配 #210823
  47. 七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」、アフガンの混乱とニクソン・ショックから50年 #210828
  48. 七十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」、霊園の当選通知が届いた日に妻がワクチンを射つ #210902
  49. 七十二候「草露白(くさのつゆしろし)」、7日連続の25度未満は113年ぶりの低温記録 #210907
  50. 七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」に鳥たちの空中戦を見る #210912
  51. 七十二候「玄鳥去(つばめさる)」に考える男の「老い」 #210917
  52. 七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」に妻が2度目のワクチン接種を終える #210923
  53. 七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」、ウイルスはどこに隠れたのか? #210928
  54. 七十二候「水始涸(みずはじめてかる)」に気持ちの良い水辺を歩く #211003
  55. 七十二候「鴻雁来(こうがんきたる)」に感じる首都直下地震のリアル #211008
  56. 七十二候「菊花開(きくのはなひらく)」にセイタカアワダチソウの黄色い花が満開だ #211013
  57. 七十二候「蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)」に浮上したシロアリ問題 #211018
  58. 七十二候「霜始降(しもはじめてふる)」に清々しい秋の公園を歩く #211023
  59. 七十二候「霎時施(こさめときどきふる)」、健康診断を受けてカレンダーを買う #211028

1件のコメント 追加

コメントを残す