<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「鴻雁来(こうがんきたる)」に感じる首都直下地震のリアル #211008

昨夜の10時41分、ちょうどトイレに入っている時にグラリと揺れた。

妻がいるリビングの方で、一斉に緊急地震速報の警報音がなり、怖がりの妻は「うわ〜」と大声を上げている。

「外に逃げなくていい?」

そう言いながら妻は玄関に向かい、ドアを開ける。

私の体感では震度4ぐらいだったので、「大丈夫だろう」と答えると、妻が「もっと大きかったよ」と譲らない。

テレビをつけると各社地震特番に切り替わり、「東京23区で震度5強」というタイトルが踊っていた。

そうしているうちに各地の震度が発表され、東京足立区や埼玉の川口市が震度5強だが、都心は震度4、私たちが暮らす武蔵野市は震度3と出た。

震度3よりは揺れが大きかった気がするが、マンションの階によって揺れも違うのだろうと思った。

いずれにせよ、地盤の良し悪しで震度の違いが出ているように感じる。

震源は千葉市付近で深さは80メートル、マグニチュードは5.9で、明らかにプレート型の地震である。

震源がもう少し浅ければ、被害が広がったかもしれない。

それでも、人口が密集する首都圏の弱さが露呈し、昨夜は多くの帰宅困難者が発生、各地でエレベーターが止まったり水道管が破裂するトラブルも起きた。

今朝になっても混乱は続き、JR東日本の電車に乱れた出て駅の入場規制のため長い行列ができるところもあった。

この程度の地震ですらこの混乱ぶりだ。

本格的な首都直下地震が起きたら、一体どんな大混乱が起きるのだろう?

そんな混乱の中で、私は予定通りに岡山へ帰省している。

朝の全日空機で羽田から岡山に飛んだ。

リムジンバスも飛行機も通常通りに運航していたので、ホッとした。

空港でレンタカーを借りると、真っ先に時計屋さんに向かった。

8月に修理を依頼した振り子時計を受け取るためだ。

10時の開店時間よりも早く着いてしまい、20分ほど周辺の商店街をぶらぶら見物して時間を潰した。

長年止まったままだった柱時計は、ゼンマイ式からクオーツ時計に生まれ変わって私の前に出てきた。

見た目はレトロなままだが、振り子ではなく電池で動く。

新品を買えば3000円ほどで壁掛け時計は買える時代だが、私は昔からあるこの古い時計の修理に2万5000円以上を払った。

馬鹿馬鹿しいといえばそれまでだが、量販店で売られている中国製の壁掛け時計よりもこの時計の方が、やっぱり伯母の家にはふさわしいと思っている。

元の位置に戻ってきた柱時計。

やはり・・・しっくりくる。

昨夜の地震ですっかり寝不足だったため、今日はあまり作業が捗らず、できることをボツボツとこなす。

ブドウ畑に残っている「ピオーネ」を20房ほど摘んで、ついでに色づき始めた「富有柿」も3つほど試しにもいできた。

どちらも売り物になるような出来ではないが、食べられないほど不味くもない。

まさに自然のままに育った果物たちだ。

夕方、気温が下がるのを待って畑の草刈りに向かう。

2〜3ヶ月放置していた畑はすごいことになっていた。

様々な種類の雑草が入り乱れて生い茂っている。

中でも夏に刈り残した「セイタカアワダチソウ」が高さ3メートル以上にも育っていて、これみよがしに黄色い花を咲かせていた。

もうすぐタネを飛ばすと脅迫されているように感じる。

草刈機で端から刈り始めたのだが、どうも作業がはかどらない。

草刈機の回転刃が傷んで切れなくなっているのが原因だった。

日没までの1時間余り雑草と格闘したが、結局今日は一枚の畑の5分の1程度しか草刈りができなかった。

その代わり、ズボンにはビッシリと雑草の種をいただいた。

雑草からすれば、格好の運び屋が来てくれたということなのだろう。

明日は、ホームセンターに行って新しい「チップソー」を買ってこなければ・・・。

何の作物も生産していない畑の雑草を刈る、この作業は「仕事」ではなく「修行」である。

ああ、疲れた!!!

さて話はガラリと変わって、我が家のトイレにかけてある歳時記カレンダーによれば、今日から暦は二十四節気の「寒露」となる。。

「朝夕は肌にやや寒気を感じ始め、そぞろ秋も深まりゆく」頃という意味である。

そして「寒露」の初候は「鴻雁来(こうがんきたる)」というらしい。

「ガンが北地より飛来する頃」という意味だそうだ。

そういえば、昨日井の頭公園を歩いた時、少し水鳥たちの数が増えたような気がした。

ほとんどは留鳥の「カルガモ」だが、よく見ると冬鳥たちの姿もある。

こいつらは、くちばしの先が黄色ではない。

井の頭公園で配布されている鳥図鑑によれば、「オナガガモ」のメスのように見える。

1週間ほど前からその姿が確認されるようになった。

くちばしがちょっとデカいこいつは「ハシビロガモ」のように見える。

秋になってその姿を確認したのは初めてなので、最近北方から下ってきたのかもしれない。

残念ながら、「ガン」の仲間は井の頭公園にはあまりやって来ないようなので、どうしても見たければ自然文化園に行けば「カリガネ」や「サカツラガン」、「シジュウカラガン」が見られる。

岡山の家は田舎なので、周囲の環境には多くの鳥や死ぬほどたくさんの虫がいる。

しかしあまりに数が多すぎると、観察しようという気にさえならないのだから人間とは勝手なものである。

雑草対策に目処が立ち、周囲の自然を観察できる余裕の日はいつ訪れるのだろうか?

<吉祥寺残日録>異臭騒ぎは地震の予兆? 関東大震災で発展した吉祥寺の歴史 #201014

【トイレの歳時記2021】

  1. 七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106
  2. 七十二候「水泉動(すいせんうごく)」に考えるステイホームの過ごし方 #210110
  3. 七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」にキジを見に井の頭自然文化園に行ってみた #210115
  4. 七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」に「大寒」の井の頭公園を歩く #210120
  5. 七十二候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」と初場所・初縁日 #210125
  6. 七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に紀ノ国屋で二番目に高い卵を買う #210130
  7. 七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」に立春をさがす #210203
  8. 七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に考える「野生のインコ」と「生物季節観測」のお話 #210208
  9. 七十二候「魚上氷(うおこおりをいずる)」、日本にもワクチンが届いた #210213
  10. 七十二候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」、ワクチン接種も始まった #210218
  11. 七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」、霞と霧と靄の違いを調べる #210223
  12. 七十二候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に草木の『萌え』を探す #210228
  13. 七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に早咲きの桜を愛でる #210305
  14. 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」、梅と桜と桃の見分け方 #210310
  15. 七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」、公園の花見会場は封鎖されていた #210315
  16. 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、やっぱり「春はセンバツから!」 #210320
  17. 七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に見回る2021年お花見事情 #210325
  18. 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」、雨上がりの井の頭公園は極楽のようだった #210330
  19. 七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」、伯母の家にもツバメと医者がやってきた #210404
  20. 七十二候「鴻雁北(こうがんきたへかえる)」、井の頭公園から渡り鳥が消えた #210409
  21. 七十二候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に知る鴨長明の「ひとりを愉しむ極意」 #210414
  22. 七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」、水草は生き物たちのパラダイス #210420
  23. 七十二候「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」、岡山の伯母に「要支援1」が出た #210426
  24. 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」に「ツツジ」と「サツキ」と永井荷風を知る #210430
  25. 七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」、カエルは鳴かずとも夏は来る #210505
  26. 七十二候「蚯蚓出(みみずいづる)」、三男の結婚式の行方 #210510
  27. 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」、緊急事態宣言が出た岡山の竹藪を想う #210515
  28. 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521
  29. 七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」に観察するアジサイの花とスッポンの子ども #210526
  30. 七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」、カワウやカイツブリの子育てもそろそろ終盤 #210531
  31. 七十二候「螳螂生(かまきりしょうず)」に考える「共食い」という現象 #210605
  32. 七十二候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」に三鷹「ほたるの里」で蛍狩り #210610
  33. 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」、梅雨入りに梅ジャムを食す #210615
  34. 七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」、夏至に家族写真を飾る #210621
  35. 七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」、アヤメとショウブとカキツバタ #210627
  36. 七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、妻のワクチン予約をする #210702
  37. 七十二候「温風至(あつかぜいたる)」、東京五輪の”無観客”が決定 #210709
  38. 七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」、伯母を病院に連れて行く #210712
  39. 七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」、自殺した林真須美死刑囚の娘 #210717
  40. 七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」、感染拡大の中でオリンピックが始まった #210722
  41. 七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」、台風とともにコロナ感染者も過去最高2848人に #210728
  42. 七十二候「大雨時行(たいうときどきにふる)」、コロナと五輪の中で迎えた39回目の結婚記念日 #210801
  43. 七十二候「涼風至(すづかぜいたる)」、期待の“リレー侍”バトンミスの衝撃 #210807
  44. 七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、井の頭公園にもヒグラシが鳴く #210812
  45. 七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817
  46. 七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」、残暑の中に感じる秋の気配 #210823
  47. 七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」、アフガンの混乱とニクソン・ショックから50年 #210828
  48. 七十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」、霊園の当選通知が届いた日に妻がワクチンを射つ #210902
  49. 七十二候「草露白(くさのつゆしろし)」、7日連続の25度未満は113年ぶりの低温記録 #210907
  50. 七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」に鳥たちの空中戦を見る #210912
  51. 七十二候「玄鳥去(つばめさる)」に考える男の「老い」 #210917
  52. 七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」に妻が2度目のワクチン接種を終える #210923
  53. 七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」、ウイルスはどこに隠れたのか? #210928
  54. 七十二候「水始涸(みずはじめてかる)」に気持ちの良い水辺を歩く #211003
  55. 七十二候「鴻雁来(こうがんきたる)」に感じる首都直下地震のリアル #211008

1件のコメント 追加

コメントを残す