<東京@グルメ>神宮前「シャンウェイ」の「蒸し鶏の葱湯油」

投稿日:

青山神宮前で打ち合わせを終え、近くでランチを食べる。

IMG_0013

家庭料理・鉄板中華「シャンウェイ」

IMG_9999

雑居ビルのお世辞にも綺麗とは言えない階段に、ランチメニューの看板が無造作に置かれている。

IMG_0001

階段を上がると、店の前に数人の行列ができていた。

IMG_0002

雑然とした店の入り口には、毛沢東の置物が置かれていた。

何だ? この店。

IMG_0003

窓から光が差し込む店内は広くはないが、思ったよりはゆとりがある。

IMG_0005

そして店に入るとすぐ、様々なサラダ類が入ったボールが置かれたいた。

取り放題のサラダバーだ。

IMG_0012

奥のカウンター席に案内される。

オープンキッチンは雑然というか、混沌というか・・・。

IMG_0006

ランチメニューは3種類。

その中から、私は「蒸し鶏の葱湯油」という料理を選んだ。

サラダバーを自分で盛って、スープとご飯。すべてが大雑把なのに人気の不思議なお店だ。

IMG_0008

この蒸し鶏、ものすごく柔らかく、まるで煮魚のようだ。

骨まで食べられる。

ただ、味はあまり私好みではなかった。

IMG_0007

サラダも、思いのほか美味しくなかった。

どうして、こんなに人気があるのかよくわからない。

怪しい入り口が期待値を高めたが、残念ながら私好みの店ではなかった。

食べログ評価3.61、私の評価は3.10。

広告

コメントを残す