<岡山@グルメ>「味司 野村」の「ドミグラスソースカツ丼」

岡山への日帰り出張。打ち合わせ前の時間を使ってランチを食べる。

IMG_8142

「味司 野村」

1931年創業のカツ丼の老舗だという。

IMG_8141

「お父さんも食べた お母さんも食べた」というコピーを使っている。

しかし、岡山で育った私はこの店をまったく知らなかった。残念ながら、お父さんは食べていないのである。

IMG_8131

店内は木の素材を使った民芸風のインテリアで、混雑時は一枚板のテーブルでの相席となる。

IMG_8132

メニューはシンプルで、普通の「玉子とじカツ丼」とこの店の名物「ドミグラスソースカツ丼」の2種類。それぞれサイズで4種類、2つのカツ丼をセットにしたメニューなど基本的にはカツ丼専門店なのだ。

fullsizeoutput_3a59

この店の面白いのは、日本語メニューと同じ内容が、英語、韓国語、中国語の簡体と繁体という多言語対応されていることだ。

IMG_8134

「おかやまデミカツ丼とキリンのビール」という張り紙を見ながら、私は迷わず「ドミグラスソースカツ丼 並盛り ヒレ」(900円)を注文した。

fullsizeoutput_3a5b

運ばれてきたのは、黒っぽいどろんとしたソースがかかった見慣れないカツ丼だった。

IMG_8137

カツの下には茹でたキャベツが隠れている。

ソースの上にのったグリーンピースも可愛らしい。

IMG_8139

肉の厚みは、厚すぎず薄すぎず。

食べるとこのドミグラスソース、濃厚だがカツ丼に合う。いわゆる味噌カツ丼とも違う。

こんなカツ丼が岡山にあるとは知らなかった。

美味い。

IMG_8138

最後は味噌汁でシメて口の中もスッキリ。

満足なランチだった。

岡山駅から徒歩7分ほど。岡山出張の際には手頃なお店だ。

食べログ評価3.58、私の評価は3.80。

 

コメントを残す