<吉祥寺グルメ>「貝出汁中華そば 竹祥」の「特製 貝出汁 醤油そば」@ラーメン

昼時に妻が用事で出かけるというので、私は一人でランチを食べにゆく。

選んだのはコロナ禍の2020年10月にオープンしたラーメン屋さん「貝出汁中華そば 竹祥(たけしょう)」。

「貝出汁」という響きが魅惑的で、オープン直後に行列ができているのを見たことがあったのでずっと気になっていた。

メニューは至ってシンプルで、基本的には「貝出汁 醤油そば」と「貝出汁 塩そば」の2種類。

トッピングに応じて「味玉」「特製」とランクが付けられているだけである。

この定番メニューとは別に「期間限定麺」というのがあって、今の時期は「貝出汁昆布水つけ麺」だそうだ。

お店は吉祥寺駅北口近くの雑居ビルの地下1階。

狭い階段を降りていくと、そこに券売機が置いてある。

店員さんに「醤油と塩、どっちが人気なの?」と聞くと「醤油です」と即答したので、ここはお店オススメの「特製 貝出汁 醤油そば」(1000円)を食べてみることにした。

店内は狭くわずか8席のカウンターのみ。

週末なので開店時間前に行くと、客はまだ誰もおらず一番乗りだった。

一番乗りだと注文した品が出てくるのも早い。

「特製 貝出汁 醤油そば」(1000円)。

「お好みで柚子胡椒もどうぞ」とラーメンと一緒に少量の柚子胡椒の皿が出された。

さすがに「特製」だけに具沢山だ。

まずドーンと目立つのは2種類のチャーシューが2切れずつ。

『低温でしっとり炊いた豚肩ロースと鶏むね肉の2種のチャーシュー』との説明が。

確かにローストビーフのようなしっとり感がある。

丸いのはつくね。

『練り込んだ貝が旨味と食感を引き立てる、自家製貝つくね』だそうだが、こちらはさほどインパクトはなかった。

味玉は奥久慈卵、もちろんトロトロの半熟だ。

『奥久慈の大自然で育った健康な鶏の卵。濃厚でコクがあり、黄身の盛り上がりが自慢の卵』との説明通り、とても濃厚な仕上がりである。

個人的にはシナチクが一番美味しかったのだが、これについては説明が書いてなかった。

そして具の下に隠れている麺を引っ張り出す。

『北海道産小麦に全粒粉を練り込んだ香りの良い中細麺。しなやかで風味豊かな麺がしっかりとスープに絡む』と書いてあった。

実際にスープと馴染んでいるように感じたが、若干柔らかい印象も受けた。

そして肝心の貝出汁スープ。

『大量のあさりと帆立に道南産昆布をあわせ低温でじっくり炊き、貝の香りと旨味を引き出した出汁に、鶏清湯を加えたWスープ』

かえしの醤油は『広島産再仕込み醤油や奈良産木桶仕込み天然醸造醤油など』を使っているらしい。

思ったよりも濃厚で塩味が強い印象を受けた。

個人的にはもう少しあっさりした体に染み入るようなスープを期待していたので、そういう意味ではちょっとイメージが違った。

とはいえ、チェーン店ではない新たな人気店が吉祥寺にできるのは嬉しい限り。

ぜひ頑張ってもらいたいと思う。

食べログ評価3.60、私の評価は3.40。

「貝出汁中華そば  竹祥」
電話:0422-27-2845(予約不可)
営業時間:11:30~15:30/17:30~21:00
                (水曜は昼営業のみ)
定休日:無休
https://twitter.com/takesho_ramen/

<吉祥寺グルメ>「麺屋 海神」の「あら炊き塩らぁめん」 @ラーメン

【吉祥寺のラーメン】

コメントを残す