<きちたび>3泊4日ホーチミンの旅② グルメでない私たちがドンコイ通りで食べた美味しいベトナム料理

ホーチミン随一の繁華街ドンコイ通り。

IMG_6229

宿泊先の「マジェスティック・ホテル」もこの通り沿いにあったため、滞在中、ほとんどの食事をここドンコイ通り周辺で食べた。

ガイドブックに頼らず、自分たちで適当に選んだお店だが、どこも美味しかったので、グルメではない私たちがホーチミンで食べたランチとディナーをご紹介する。

1.  マキシムズ・ナムアン Maxim’ s Nam An

IMG_6275

ホーチミン到着の日のディナーは、マジェスティック・ホテルの隣にある高級レストラン「マキシムズ・ナムアン Maxim’s Nam An」で食べた。

IMG_7754

重厚な入り口なのでちょっと入りにくい店だが、最初にここに来たのには訳がある。

1980年代に私がベトナム取材した頃、確か「マキシム」という名の最高級店で食事をしたかすかな記憶があったからだ。当時はヤミで両替してベトナムドンで支払うと、どんな高級店でも数人でたらふく食べても1000円しなかった。

IMG_7753

おそらくこの店に間違いあるまい。

30年前は、町中がもっとボロボロだったので、店の外観もすっかり変わってしまったのだろう。店の前に立っても、何も思い出すものがない。

ただ、入り口の上には「Maxim’s Vietnamese Restaurant」の文字が書かれていた。

IMG_7752

扉を開けると、ホールに伸びる通路が・・・。重々しい雰囲気だ。

IMG_7730

時間が早いせいか、店内は空いていた。

正面にはステージ。午後7時からは生演奏を聴きながらのお食事となる。

IMG_7751

高い天井、レトロな雰囲気。なんとなく昔のグランドキャバレーという言葉を思い出した。

「ホーチミン 観光情報サイト」というサイトには、こんな風に紹介されている。

『扉を開ければ、高級感溢れる優雅なフロアが顔を出します。ブルジョワの時代を彷彿させるような気品ある内装は、他のレストランとは一線を画しています。各界の著名人もお忍びで来店する高級レストランで、接客、料理、サービスともに5つ星。』

IMG_7732

そんな高級店でまず頼んだのは地元のビール。

ベトナムビールといえば「サイゴンビール」。「333」と書かれたボトルだと思って注文したのだが、運ばれて来たのは緑のラベルの缶ビールだった。

どうやらベトナムビールの最大手「サイゴン・ブリュワリー」のプレミアムビールらしい。

個人的には懐かしい「333」を飲みたかったのだが、美味しいから文句は言うまい。

IMG_7734

ベトナム料理について知識のない私たちが選んだ最初の一品は、「肉とエビとグレープフルーツのゴイ Goi buoi tom thit」(24万ドン)。1ドンは0.0049円だから、およそ1176円となる。

このお店は高級店だけあって決して安くはないが、ありがたいことに日本語のメニューが用意されている。

IMG_7735

ゴイというのはベトナムのサラダ。

グレープフルーツというよりも酸味が少ないザボンに近い。そのザボンの身をくり抜き、エビや肉、パクチー、ピーナッツなどと和えて再びザボンの皮の中に戻している。

IMG_7736

ちょっとさっぱりしたものが食べたくてこのゴイを選んだのだが、これが想像以上に美味しかった。

ベトナムの魚醤ヌクマムなどで作ったであろう甘酸っぱいソースで和えたこのサラダ、ネットで調べると「ゴイ・ブォーイ」というらしい。ザボンの爽やかな果汁とヌクマムの塩味が妙にマッチし、とにかく美味であった。

IMG_7740

二品目は4種類の春巻き「フォーシーズン」(一人26万ドン)。

日本でおなじみの生春巻きのほか、揚げ春巻きなど4種類。たっぷりの野菜やハーブと一緒に供される。

IMG_7741

サトウキビにエビのすり身を巻いて焼いたベトナム式ちくわ「チャオ・トム」は、ハーブと一緒にライスペーパーで巻き、ヌクマムベースのタレにつけて食べるらしい。

ベトナム料理では、肉や魚介料理を食べる際に大量のハーブが添えられ、料理とハーブを一緒にライスペーパーで巻いて食べる習慣があり、それが海外で生春巻きという新たな料理を産んだ。生春巻きはもともとベトナムにはなかった逆輸入料理だという話を以前本で読んだことがある。

IMG_7742

4種類の春巻きの中で一番私の好みだったのは、揚げ春巻き「チャー・ゾー」。

逆輸入された生春巻きよりずっとポピュラーな王道の春巻きだ。中国の春巻きに比べ小さく、やはり野菜などと一緒にライスペーパーに包んで食べる。

生春巻きの生臭さがなく、圧倒的に美味しい。

IMG_7743

そして三品目、「キノコの煮込み Nam rom kho to」(18万ドン)。

これは最近きのこにはまっている妻が注文した。見た目通り、マッシュルームのような小さなきのこが容器の中に一杯。不味くはないが、こんなに要らない感じだった。

IMG_7744

そしてもう一品、私が頼んだのが「Maxim’s  酸っぱいスープ」(24万ドン)。

中国の酸辣湯に比べると、甘い。酸味も弱く、ケチャップのような味がした。

ちょっと注文しすぎた。どれも量が多いので、2人だと食べきれないほどだった。支払いは、121万ドン、6000円弱。物価の安いベトナムでこの料金は高いが、最高級店での食事としてはまあこんなものだろう。

IMG_7748

食事をほぼ終えた午後7時、ステージではジャズの演奏が始まった。

やはりどこかレトロな印象はあるが、豊富な日本語メニューから未知の料理を選ぶ楽しみは味わえるお店だ。

広告

2件のコメント 追加

コメントを残す