<きちたび>3泊4日ソウルの旅 2019 ④ 明洞で食べたカルグクス、お粥、全州伝統ビビンバ

今回の旅では、同行した妻の体調が悪く妻をホテルに残して市内を回ることが多かった。

そのため食事は全てホテル近くの明洞(ミョンドン)で食べたのだが、正直これは絶対にオススメというほどのお店には当たらなかった。ここではあくまで参考、または備忘録として私たちが行ったお店を簡単に記録しておこうと思う。

1.ソラリア西鉄ホテル明洞

fullsizeoutput_3e61

初日の夜中にホテルに到着したので、ソウルでの食事は2日目の朝食からだった。宿泊先に選んだのは前回同様、「ソラリア西鉄ホテルソウル明洞」。明洞地区のど真ん中にある日系のホテルでとても便利だ。

今回は最終日が早朝の出発だったので、朝食なしのプランにした。ただ一度はホテルの朝食もいいだろうということで朝食代2200円を払ってホテルのビュッフェを食べた。

レストランに入ると、店員が「新しい朝食を試作したのでもしよければ召し上がっていただけませんか?」と聞く。別料金を取られるわけではないので、了解すると小皿が並んだプレートが運ばれてきた。

IMG_8884

最近日本の朝食でもよくあるパターンで、韓国風の惣菜がちょこちょこ食べられる。

タコのキムチは美味しかった。

IMG_8886

ビュッフェからお粥やサラダ、フルーツなどを持って来れば立派な朝食になった。

2200円はちょっと高いがホテルだからこんなものだろう。

2.キムガネ 明洞店

IMG_8903

2日目の午前中、3.1運動100周年式典を取材してホテルに戻り、ランチを食べるために外に出た。妻は、ビビンバが食べたいと言う。

居並ぶ店を眺めながら賑やかな路地を歩いているとビビンバの写真が見えた。

IMG_8908

名前もよくわからないこの店に入ることにした。妻はすでに疲れていて、早く店を決めたがっていた。

このお店、あとで調べて「キムガネ 明洞店」と言う名前だと判明した。「キンパッ」と呼ばれる韓国風海苔巻きの専門チェーンだそうだ。

IMG_8904

そんなことは知らないので、メニューを適当に見ながら、私は「アサリカルグクス(きしめん)」(7500W)を選んだ。明洞界隈ではメニューに日本語が書かれているので、注文は楽だ。

「カルグクス」というのは麺料理の名前で、カルは包丁、グクスは麺類、つまり生地を包丁で切って麺を作ったものをそう呼ぶらしい。

IMG_8907

丼の底にアサリがたくさん隠れている。

とてもやさしい味がした。

fullsizeoutput_3e67

妻は宣言通り「石焼ビビンバ」(8000W)を注文した。

残念ながら、期待したほど美味しくなかったようだ。せっかくなら、海苔巻きを頼めばよかったと帰国後ちょっと後悔した。

広告

コメントを残す