<きちたび>3泊4日ウラジオストクの旅③ 意外に美味かったロシア料理!私が食べたディナー全品を紹介する

ポルト・フランコ

IMG_3819

2日目のディナーは、こんな日本語の看板が掲げられたお店を選んだ。

1919年オープンの老舗「ポルト・フランコ」だ。

IMG_3820

スヴェトランスカヤ通り沿いの階段を地下に降りると、重厚な扉が待っている。

IMG_3846

扉の奥には不思議なエントランスホールが・・・。

ほうきのような物を持った人形は何なんだろう?

IMG_3832

そしてこれが店内。やはり不思議な空間だ。

100年前からこんな内装だったのだろうか?

IMG_3825

この店には写真付きの英語メニューがあった。これはわかりやすい。

その代わり値段は高い。さすが老舗、今夜はちょっと奮発しよう。

IMG_3829

まずはロシアのビールから。

「ゾロタヤ・ボツカ」(350p)という銘柄のようだ。

ちなみに、ロシアでは2011年にビールをアルコール飲料とする法律ができた。それまではアルコール度数10%未満の物はお酒ではなく食料品に分類されていたというから驚きだ。

IMG_3833

写真を見ながら私がこの老舗レストランの豊富なメニューから選んだのは、まずこちら。

「Pancake  with  Caviar」(650p)だ。

ブリヌイと呼ばれるロシア風パンケーキに包まれているのは・・・

IMG_3840

あふれんばかりの、イクラ。

要するに、たっぷりイクラの茶巾包みといった料理だ。

IMG_3837

イクラをクレープで包んだだけだから、不味いはずがない。

しかも、さすがロシア極東はイクラの本場。これだけイクラが入って1300円ぐらいだ。安いといえば安い。

ただイクラが多すぎて、塩っぱいかもしれない。ご飯が欲しくなるほど、贅沢だ。

IMG_3841

続いての一品は「Salad  with  Squid  and  Caviar」(435p)。

「イカとイクラのサラダ」ということになる。こんなの食べたことない。

IMG_3842

サワークリームをかけていただく。

このサワークリーム、ロシアではスメタナと呼ぶらしい。

こちらはイクラの塩分がイカやレタス、サワークリームで緩和され、食べやすい。そして、もちろんこれも美味い。

IMG_3838

そして、ロシアに来たからには食べておきたい「ボルシチ」(350p)。

小さめのピロシキが付いているのも、旅行者にはうれしい。スメタナとハーブを加えて食べるようだ。

IMG_3839

ロシア料理の定番中の定番「ボルシチ」はビーツ(砂糖大根)のスープだ。

見た目、具が少なそうに見えた。しかし、かき混ぜてみると・・・

IMG_3844

スープの中から、肉やジャガイモがごそっと顔を出した。思いの外ボリュームがある。

そして、ここのボルシチは本当に美味しかった。日本で食べるボルシチとはまったく違う気がする。

やはり、外国人が食べても美味しいからロシアの定番料理と見なされているのだろう。

IMG_3830

創業100年の老舗レストラン。

支払いは1785ルーブル(約3500円)と高かったが、その価値は十分にあるお店だと思った。

広告

1件のコメント 追加

  1. ロシア語学習者より より:

    突然失礼いたします。1日目にクラフトビールで出てきたのは、蜂蜜酒です!クマの上に書いてあるмёдが、ロシア語で蜂蜜という意味です。ビールではありませんが、アルコールは入っています。

コメントを残す