<きちたび>3泊4日ウラジオストクの旅③ 意外に美味かったロシア料理!私が食べたディナー全品を紹介する

ロシア料理などまったく期待していなかった。

かつて1990年ごろのモスクワで食べた料理は、毎日同じようなものばかりだった。酢漬けの野菜や酢漬けの魚ばかり食べていたような気がする。

だから何か食べられればいいと割り切って街に出た。「地球の歩き方」の掲載されているレストランか、たまたま見つけたお店の中から気が向くままに夕食を食べる店を選んだ。

ローキシプローキシ

IMG_3502

初日のディナーを食べたのは、ウラジオストクのメインストリートであるスヴェトランスカヤ通りに面する地下のお店「ローキシプローキシ」

そう、この「餃子館」の文字と写真に惹かれたのだ。

IMG_3488

広い店内。キッチン用具を使ったモダンなインテリア。

IMG_3482

そして英語のメニューがある。これは、助かる。

まずは、ロシアのビールを注文する。せっかくなので生ビールがいいと思い、「CRAFT  BEER」の一番量の少ない「MEAD」(250P)という奴を頼んでみた。

IMG_3490

ちょっと色が薄いなあと思いながら、一口。・・・甘い。

「これ、生ビール?」

アルコールが入っているのかどうか不明だが、色も味もジンジャエールだ。ラベルには、熊や豚がジョッキを飲んでいるイラストが描かれているものの、文字はキリル文字なのでさっぱりわからない。まあ、飲めるからいいけど・・・。

fullsizeoutput_2c1c

気を取り直して、料理のご紹介。

最初に運ばれて来たのは「GARLIC PAMPUSHKA」(20p)。ガーリック味のパンだ。

メニューにあるピロシキを注文しようとしたら今日はないと言われ、代わりにこれを勧められた。まあ、味はガーリックトーストの味で悪くはない。

それよりも、パンが載っているお皿。ちょっとかわいくないですか?

fullsizeoutput_2c1b

続いては「RUSSIAN  SALAD」(180p)。こちらもお皿がいい。

ポテト、人参、玉ねぎ、チキン、卵、グリーンピースをマヨネーズで和え、きゅうりのピクルスとハーブを添えたもの。「オリヴィエ」と呼ばれるサラダのようだ。

「これが、ロシアのサラダなんだ」

味はまあ想像通り。驚きはないが、普通に美味しい。

IMG_3499

そして最後に登場したのは、あの餃子だ。「ペリメニ」というシベリア風水餃子だという。

いろいろ種類があるが、私は「GRANDMA’ S  PELMENI」(290p)を選んだ。初心者としたはやはり「おばあちゃんのペリメニ」から始めるべきだろう。

IMG_3496

醤油ではなく、サワークリームをつけて食べる。

皮はまさに水餃子だが、具はニンニクとバターの味がした。個人的には醤油の方が美味い気がするが、これはこれでありだ。ニンニクのしつこさがサワークリームで和らげられ美味しい。

量もたっぷりあって、一人だとこれだけでお腹いっぱいになる。

IMG_3500

この日のディナーは、740ルーブル。日本円で1500円だった。

思ったよりちょっと高いが、街の中心部だからまあこんなものか。

このお店、ペリメニの他にもメニューは豊富で旅行者にも使いやすいレストランだと思う。

広告

1件のコメント 追加

  1. ロシア語学習者より より:

    突然失礼いたします。1日目にクラフトビールで出てきたのは、蜂蜜酒です!クマの上に書いてあるмёдが、ロシア語で蜂蜜という意味です。ビールではありませんが、アルコールは入っています。

コメントを残す