引っ越し1周年

吉祥寺に引っ越して1年が経った。

img_3607

午後、デジタルアートのイベントを見に行った。場所は茅場町だ。「食神さまの不思議なレストラン」と題されたこのイベントは、茅場町駅からほど近いビルの空きオフェスを使った特設会場で開かれていた。どうやら「日本橋 兜町・茅場町アートプロジェクト」という地域活性化の一環のようだ。

img_3627

「世界が認めたデジタルアート集団MOMENT FACTORY日本初の展覧会」というキャッチコピーに惹かれてなじみのない茅場町までやってきた。「モーメントファクトリー」はモントリオールを拠点に、環境と共存する新しい没入感を生み出すマルチメディア・エンターテイメント・スタジオで、シルクドソレイユやマドンナ、ロサンゼルス空港の演出を手がけているという。

img_3630

CGと照明、プロジェクターとキネクトを組み合わせたデジタルアート自体はそれほど大掛かりではなく、近頃国内でもよく見るレベルだが、なかなかアートとしての完成度は高い。

img_3613

そして何より驚いたのは、空きビルの活用術だ。この展覧会も通常のイベントスペースではなく、雑居ビルの空きスペース3フロアを使って展開されている。お客は自ら順路の案内にしたがって、古い階段をあがって移動する。途中、屋外の踊り場を通ったりする。これが不思議にアートに感じるのだ。ニューヨークあたりではこういう所でイベントをやるのかもしれない。これならどこでもイベントができる、と感心した。

img_3616

さて、バレンタインデーのきのう、久しぶりにサプライズなニュースが立て続けに入ってきた。

まずは、トランプ大統領の側近中の側近といわれるフリン安全保障担当補佐官が突然辞任した。大統領就任前にロシアの大使と接触し制裁解除の話をしていた疑惑をメディアに追求されあっさり辞任してしまったのだ。

Embed from Getty Images

続いては東芝。正午に予定されていた第3四半期決算の発表が何の説明もなく延期されたのだ。メディアに追求され夕方社長が会見。アメリカでの原発事業の巨額赤字がさらに膨らむ可能性を明らかにし、志賀会長の辞任も発表した。決算の数字についてはさらに精査する必要があるとして最大1ヶ月延期するという。

Embed from Getty Images

そして、夜になって、金正男がマレーシアで暗殺されたというニュースが飛び込んできた。韓国のメディアが一斉に報じたもので、クアラルンプールの空港で女工作員2人に毒針で殺されたという。北朝鮮は日米首脳会談にあわせて新型の中距離ミサイルを発射した。SLBMの改良型で固体燃料を使うため準備時間が大幅に短縮され探知しにくいという。姿勢制御技術も格段に進化していて、キャタピラを装着した新型車両に搭載され、どこからでも発射が可能になった。

 

吉祥寺に引っ越してから1年。とりとめもなく、いろいろな事を書いてきた。

会社人生をまもなく終えるひとりのオヤジとして、残りの人生をどう生きるか、少しずつイメージもできてきた。引っ越して本当によかったと思う。

夜。引っ越し1年を祝って、妻と近くのスペインバルに出かけた。

「Bar  de  木や”」。シェフはスペインのバスク地方で修行したのだという。カウンターのみの小さなお店で夜しか営業していない。毎日、この店の前を通って通勤しているので、前から気になっていた。

img_3681

カウンターなので、写真を撮るのも申し訳なく、ポツポツ会話しながら一品料理をいくつか頼み、赤ワインを飲んだ。ハウスワインは私好みの素朴な味わいだった。料理にも満足だが、酒を飲まない妻はどうもしっくりしなかったようだ。

食べログ評価3.07、私の評価は3.70。

でも、こんな店がいくつもある吉祥寺で生きていく老後、やはり楽しみである。

 

コメントを残す