<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【8月】「サンゴジュ」&「アオハダ」&「ヤマボウシ」

2021年のテーマとして掲げた「井の頭公園の植物」観察。

花が少なくなるこの季節、公園を歩いていると赤い実がよく目立つ。

8月の井の頭公園で赤い実をつけた樹木を3つ記録しておく。

「サンゴジュ」と「アオハダ」と「ヤマボウシ」である。

「サンゴジュ(珊瑚樹)」

少し前から、赤い実をたくさんつけたこの樹木が気になっていた。

「サンゴジュ」という。

葉は水分が多くて燃えにくく、枝は燃やすと泡のようなものが噴出し延焼しないことから防火用に植栽されることが多く、垣根として利用されてきた。

しかし、垣根の場合は実ができる前に剪定してしまうので珊瑚のような赤い実を見ることはできない。

井の頭公園の「サンゴジュ」は剪定されることなく夏とともに赤い実をたくさんつけている。

もともと海岸近くに自生していた植物で、実だけでなく枝まで赤いのを珊瑚に見立てたようだ。

この季節、真っ赤だった実が次第に熟して黒く変わっていく。

見た目は南国からやってきたようにも見える熱帯っぽい植物だが、意外にも日本と台湾が原産だという。

ちょっと竜宮城を思わせる樹木である。

花言葉は「負けず嫌い」。

「サンゴジュ」
分類:レンプクソウ科ガマズミ属
特徴:常緑広葉樹・小高木
花が咲く時期:6〜7月
実のなる時期:9〜11月

井の頭公園の「サンゴジュ」はここ!

「アオハダ(青膚)」

西園にある野球場周辺に植えられていた低木に赤い実がたくさんついていた。

植物識別アプリ「Picture This」で調べると、「アオハダ」という和名が出ることもあれば、「ウィンターベリー」という欧風の名前が表示されることもある。

「アオハダ」という植物について検索してみたら、次のように書いてあった。

北海道から九州まで日本各地に分布するモチノキ科の落葉樹。自生は丘陵地や山地の林内だが樹形が端正で、葉と果実のコントラストが美しいことなどから、庭園等にも植栽される。

出典:庭木図鑑 植木ペディア

「ウィンターベリー」の方は冬から春にかけて赤い実をたくさんつける植物のようなので、井の頭公園に植えられたこの植物はおそらく「アオハダ」で間違いないだろう。

西園の遊び場近くには樹高が5メートルほどに育った「アオハダ」があった。

木の下に潜ると、頭上に点々と赤い実がぶら下がっている。

そのまま成長すると樹高10メートルほどになるというが、適度に剪定していけば、愛らしいシンボルツリーになりそうな植物に見える。

「アオハダ」の実は、自然界ではクマが好んで食べるそうだ。

花言葉はないらしい・・・?

「アオハダ」
分類:モチノキ科/モチノキ属
特徴:落葉広葉樹・高木
花が咲く時期:6月
実のなる時期:8〜10月

井の頭公園の「アオハダ」はここ!

「ヤマボウシ(山法師)」

公園を歩いていて、足下にさくらんぼのような赤い実が落ちているのに気づいた。

何だろう?と思って、この実を「Picture This」で調べてみると「ヤマボウシ」と表示された。

そう、あの白いリボンのような花をたくさん咲かせていた「ヤマボウシ」は、こんな可愛らしい実を結ぶのだ。

頭上を探すと、上向きに赤い実を突き出した「ヤマボウシ」の木があった。

「ヤマボウシ」は井の頭公園のあちらこちらに植えられている。

果実は直径1.5~2センチほどで長い柄に垂れ下がる。9~10月に熟した果肉は柔らかくて甘みがあり、野生の猿は好んでこれを食べる。人間も、生食、果実酒、ジュース、シロップとして飲食できる。果実の形がクワに似るため、別名をヤマグワという。

出典:庭木図鑑 植木ペディア

井の頭公園の中でも一番「ヤマボウシ」が目立つのが、西園の野球場北側。

歩道の両側に「ヤマボウシ」の並木があって、たくさんの赤い実が実っていった。

こうして見ると、確かに美味しそうな実ではある。

花言葉は「友情」。

「ヤマボウシ」
分類:ミズキ科 ミズキ属
特徴:落葉広葉樹・小高木
花が咲く時期:5〜7月
実のなる時期:9〜10月

井の頭公園の「ヤマボウシ」はここ!

<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【5月】「ヤマボウシ」&「ハコネウツギ」&「マルバウツギ」

井の頭公園の植物2021

  1. 【1月】「オトメツバキ」&「トウカエデ」
  2. 【1月】「カツラ」&「サルノコシカケ」
  3. 【1月】「ケヤキ」&「クスノキ」
  4. 【1月】「コブシ」&「ハゼノキ」
  5. 【2月】「スギ」&「ヒマラヤスギ」
  6. 【2月】「ヒノキ」&「サワラ」
  7. 【2月】「コナラ」&「エノキ」
  8. 【2月】「フクジュソウ」&「マンサク」
  9. 【2月】「ムクノキ」&「トチノキ」
  10. 【2月】「スダジイ」&「シラカシ」
  11. 【2月】「イヌシデ」&「クヌギ」
  12. 【3月】「カワヅザクラ」&「オオカンザクラ」&「カンヒザクラ」
  13. 【3月】「サンシュユ」&「アセビ」
  14. 【3月】「トサミズキ」&「ヒサカキ」
  15. 【3月】「アズマイチゲ」&「ウラシマソウ」
  16. 【3月】「オオシマザクラ」&「コヒガン」
  17. 【3月】「メタセコイア」&「ラクウショウ」
  18. 【3月】「シダレヤナギ」&「ユキヤナギ」
  19. 【3月】「カタクリ」&「ヤブレガサ」
  20. 【3月】「ヤマブキ」&「オウゴンマサキ」
  21. 【3月】「ヒトリシズカ」&「マルバスミレ」
  22. 【3月】「イロハモミジ」& 新緑の主人公たち①
  23. 【3月】「オオキバナカタバミ」&「クサノオウ」& 黄色い草花たち
  24. 3月】「イチリンソウ」&「ニリンソウ」& 白い草花たち
  25. 【3月】「イカリソウ」&「ムラサキケマン」& 青や紫の草花たち
  26. 【3月】「キブシ」&「シナフジ」
  27. 【3月】「ミズキ」&新緑の主役たち②
  28. 【4月】「ウワミズザクラ」& 遅咲きの八重桜たち
  29. 【4月】「リンゴ」&「ゴショイチゴ」
  30. 【4月】「ヤマブキソウ」& 山野草エリアの主役たち
  31. 【4月】「ハンノキ」「アキニレ」「イチョウ」& 新緑の主役たち③
  32. 【4月】「キンラン」&「ホウチャクソウ」&「ヤブニンジン」
  33. 【4月】「ハナズオウ」&「ヒトツバタゴ」
  34. 【4月】「ミツデカエデ」&「サワフタギ」
  35. 【4月】「ヤブヘビイチゴ」&「キランソウ」
  36. 【4月】「ヒメウツギ」&「タニウツギ」&「ナヨクサフジ」
  37. 【4月】「ムサシノキスゲ」&「オオツルボ」
  38. 【4月】「モッコウバラ」&「ナニワイバラ」
  39. 【4月】「ハクウンボク」&「ニセアカシア」
  40. 【4月】「カザグルマ」&「ハハコグサ」& 4月に咲いた草花たち
  41. 【5月】「カルミア」&「イボタノキ」
  42. 【5月】「エゴノキ」&「ガマズミ」
  43. 【5月】「ノイバラ」&「シラン」
  44. 【5月】「ヤマボウシ」&「ハコネウツギ」&「マルバウツギ」
  45. 【5月】「マユミ」&「ハゼノキ」
  46. 【5月】「カキノキ」&「イヌツゲ」
  47. 【5月】「テイカカズラ」&「ネズミモチ」
  48. 【5月】「ムラサキシキブ」&「キンシバイ」&「ビヨウヤナギ」
  49. 【6月】「ホタルブクロ」&「ヒメヒオウズイセン」&「サルビア・ガラニチカ」
  50. 【6月】「ネジバナ」&「ムラサキツメクサ」&「コメツブツメクサ」
  51. 【6月】「ユウゲショウ」&「ニワゼキショウ」&「ヒナキキョウソウ」
  52. 【6月】「ボタンクサギ」&「シモツケ」
  53. 【6月】「ノカンゾウ」&「コウホネ」
  54. 【6月】「ヤブミョウガ」&「タケニグサ」&「リョウブ」
  55. 【6月】「ヤマユリ」&「ヒルガオ」&「ノウゼンカズラ」
  56. 【7月】「ヤマジノホトトギス」&「オニユリ」&「ヤブガラシ」
  57. 【7月】「ミソハギ」&「ヤブラン」&「イヌタデ」
  58. 【7月】「ミズヒキ」&「ヘクソカズラ」&7月に咲く植物たち
  59. 【8月】「フヨウ」&「タマスダレ」
  60. 【8月】「コムラサキ」&「ヨウシュヤマゴボウ」&「ヤブミョウガ」
  61. 【8月】「サンゴジュ」&「アオハダ」&「ヤマボウシ」

コメントを残す