<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【5月】「ムラサキシキブ」&「キンシバイ」&「ビヨウヤナギ」

2021年のテーマとして掲げた「井の頭公園の植物」観察。

5月も残り2日となり、今月撮りためた植物の写真を整理することにした。

まずは、今日公園をひと回りして目についた低木の花たちをまとめる。

「ムラサキシキブ」と「キンシバイ」と「ビヨウヤナギ」の3種だ。

「ムラサキシキブ(紫式部)」

その名前を知ってから、ずっと開花を待っていた「ムラサキシキブ」の花が咲いていた。

とても小さな紫の花。

でも、「紫式部」という名前がついたのは、秋にできる実の色が紫だからだそうだ。

公園管理事務所近くに数本植えられているが、この花に目を止める人はいない。

私のように時々気に留めていなければ、見過ごしてしまうほど地味な低木であり、目立たない花なのだ。

でも、よ〜く見ると、とても可憐な花である。

「ムラサキシキブ」は日本全国の山に自生する低木だというが、園芸用には実の小さい「コムラサキ」が「ムラサキシキブ」の名でよく植えられるそうだ。

おそらく井の頭公園の「ムラサキシキブ」も「コムラサキ」なのかもしれない。

「ひょうたん橋」の近くにも1本植えられていて、「ムラサキシキブ」の名札が立っている。

「ムラサキシキブ」は葉全体にギザギザがあるが、「コムラサキ」は先端方向半分だけにギザギザがあるというが、果たしてこの葉っぱはどちらなのだろう?

いずれにせよ、秋に紫色の美しい実がなるのが楽しみである。

花言葉は「聡明」「上品」。

「ムラサキシキブ」
分類:シソ科ムラサキシキブ属
特徴:落葉広葉樹・低木
花が咲く時期:6〜8月
実のなる時期:9〜11月

井の頭公園の「ムラサキシキブ」はここ!

「キンシバイ(金糸梅)」

5月末にもなると、井の頭公園でも明るい色の花がめっきり少なくなってくる。

そんな中で井の頭池のほとりに「ヤマブキ」に似た黄色い花が咲いていた。

植物識別アプリ「Picture This」を使って調べてみると、「キンシバイ」と表示された。

中国原産で、江戸時代の宝暦10年(1760年)に渡来したといわれ、古くから観賞用として栽培されてきた。花の形が良く梅に似ており、色が黄色であることが名前の由来である。

花期は6月から7月。常緑の低木で、高さは1m。庭木や地覆い用植え込みとして、北海道をのぞく日本各地に植えられている。

出典:ウィキペディア

競争相手の少ない時期に咲く「キンシバイ」には、虫たちが集まってくる。

しかしまだ咲き始めたばかりで、花も横向き、あまり大きく開かない。

今日の段階では、やや大人しい印象を受ける植物だ。

とはいえ、枝先にはたくさんの蕾がスタンバイ中。

6月になればもっと派手に存在を主張するのかもしれない。

花言葉は「悲しみを止める」。

「キンシバイ」
分類:オトギリソウ科オトギリソウ属
特徴:半落葉広葉樹・低木
花が咲く時期:5〜7月

井の頭公園の「キンシバイ」はここ!

「ビヨウヤナギ(未央柳)」

「キンシバイ」の仲間だが、もっと自己顕示欲の強そうなこの花は「ビヨウヤナギ」という。

花は上を向き、長い雄蕊をこれでもかと伸ばしている。

すでにたくさんの花を咲かせていて、今頃の公園内では最も派手な花かもしれない。

日本の花にはない華美な雰囲気が好まれ、庭園用として広く使われる。中国名は「土糸桃」、「金糸海棠」、「土連翹」などだが、日本では「未央柳」、「美容柳」あるいは「美女柳」と表記される。

6月から7月にかけて咲く黄色い花が美しく、葉の形や垂れ下がる様子が柳に似ることから名付けられた。

出典:庭木図鑑 植木ペディア

それにしても、毒々しい。

中国では金糸桃と呼ばれている。ビヨウヤナギに未央柳を当てるのは日本の通称名。由来は、白居易の「長恨歌」に

『太液の芙蓉未央の柳此に対ひて如何にしてか涙垂れざらむ』

と、玄宗皇帝が楊貴妃と過ごした地を訪れて、太液の池の蓮花を楊貴妃の顔に、未央宮殿の柳を楊貴妃の眉に喩えて 未央柳の情景を詠んだ一節があり、美しい花と柳に似た葉を持つ木を、この故事になぞらえて未央柳と呼ぶようになったといわれている。

出典:ウィキペディア

まったく私好みではないが、世の中にはとにかく派手なものが好きな人はいる。

「アジサイ」の季節を迎えた井の頭公園で、異彩を放つ黄色い花。

この花が好きな人とは仲良くなれそうもない。

花言葉は「多感」。

「ビヨウヤナギ」
分類:オトギリソウ科オトギリソウ属
特徴:常緑広葉樹・低木
花が咲く時期:6〜7月

井の頭公園の「ビヨウヤナギ」はここ!

<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【3月】「ヤマブキ」&「オウゴンマサキ」

井の頭公園の植物2021

  1. 【1月】「オトメツバキ」&「トウカエデ」
  2. 【1月】「カツラ」&「サルノコシカケ」
  3. 【1月】「ケヤキ」&「クスノキ」
  4. 【1月】「コブシ」&「ハゼノキ」
  5. 【2月】「スギ」&「ヒマラヤスギ」
  6. 【2月】「ヒノキ」&「サワラ」
  7. 【2月】「コナラ」&「エノキ」
  8. 【2月】「フクジュソウ」&「マンサク」
  9. 【2月】「ムクノキ」&「トチノキ」
  10. 【2月】「スダジイ」&「シラカシ」
  11. 【2月】「イヌシデ」&「クヌギ」
  12. 【3月】「カワヅザクラ」&「オオカンザクラ」&「カンヒザクラ」
  13. 【3月】「サンシュユ」&「アセビ」
  14. 【3月】「トサミズキ」&「ヒサカキ」
  15. 【3月】「アズマイチゲ」&「ウラシマソウ」
  16. 【3月】「オオシマザクラ」&「コヒガン」
  17. 【3月】「メタセコイア」&「ラクウショウ」
  18. 【3月】「シダレヤナギ」&「ユキヤナギ」
  19. 【3月】「カタクリ」&「ヤブレガサ」
  20. 【3月】「ヤマブキ」&「オウゴンマサキ」
  21. 【3月】「ヒトリシズカ」&「マルバスミレ」
  22. 【3月】「イロハモミジ」& 新緑の主人公たち①
  23. 【3月】「オオキバナカタバミ」&「クサノオウ」& 黄色い草花たち
  24. 3月】「イチリンソウ」&「ニリンソウ」& 白い草花たち
  25. 【3月】「イカリソウ」&「ムラサキケマン」& 青や紫の草花たち
  26. 【3月】「キブシ」&「シナフジ」
  27. 【3月】「ミズキ」&新緑の主役たち②
  28. 【4月】「ウワミズザクラ」& 遅咲きの八重桜たち
  29. 【4月】「リンゴ」&「ゴショイチゴ」
  30. 【4月】「ヤマブキソウ」& 山野草エリアの主役たち
  31. 【4月】「ハンノキ」「アキニレ」「イチョウ」& 新緑の主役たち③
  32. 【4月】「キンラン」&「ホウチャクソウ」&「ヤブニンジン」
  33. 【4月】「ハナズオウ」&「ヒトツバタゴ」
  34. 【4月】「ミツデカエデ」&「サワフタギ」
  35. 【4月】「ヤブヘビイチゴ」&「キランソウ」
  36. 【4月】「ヒメウツギ」&「タニウツギ」&「ナヨクサフジ」
  37. 【4月】「ムサシノキスゲ」&「オオツルボ」
  38. 【4月】「モッコウバラ」&「ナニワイバラ」
  39. 【4月】「ハクウンボク」&「ニセアカシア」
  40. 【4月】「カザグルマ」&「ハハコグサ」& 4月に咲いた草花たち
  41. 【5月】「カルミア」&「イボタノキ」
  42. 【5月】「エゴノキ」&「ガマズミ」
  43. 【5月】「ノイバラ」&「シラン」
  44. 【5月】「ヤマボウシ」&「ハコネウツギ」&「マルバウツギ」
  45. 【5月】「マユミ」&「ハゼノキ」
  46. 【5月】「カキノキ」&「イヌツゲ」
  47. 【5月】「テイカカズラ」&「ネズミモチ」
  48. 【5月】「ムラサキシキブ」&「キンシバイ」&「ビヨウヤナギ」

1件のコメント 追加

コメントを残す