<ぶらり駅散歩>千駄木駅から岡倉天心記念公園、須藤公園、森鴎外記念館を巡る

昼間の時間がぽっこり空いたので、谷根千エリアに行ってみることにした。

千代田線の千駄木駅からの駅散歩だ。

岡倉天心記念公園の黄金像

千駄木駅を降り、谷中銀座の入り口を横目に通り過ぎて、細い路地を進む。

目指すは、地図アプリで見つけた「岡倉天心記念公園」だ。

岡倉天心は明治期に活躍した文人で、「院展」で知られる日本美術院を創設した人だ。近代日本美術の確立に大きな功績を残した人物というイメージはあるが、正直よく知らない。

下町の住宅街の中にポツンとたたずむ緑に覆われた小さな公園、ここが岡倉天心記念公園だった。

「岡倉天心宅跡」の文字とともに、「旧前期日本美術院跡」とも書かれている。

『日本美術院は明治31年(1898)岡倉天心が中心になって「本邦美術の特性に基づきその維持開発を図る」ことを目的として創設された民間団体で、当初院長は天心、主幹は橋本雅邦、評議員には横山大観、下村観山らがいた。

活動は絵画が主で、従来の日本画の流派に反対し、洋画の手法をとり入れ、近代日本画に清新の気を与えた。』

「岡倉天心先生舊宅跡 日本美術院発祥之地」と書かれた石碑もある。

岡倉天心は、明治31年から茨城県五浦に移転する39年まで、ここに住み、ここを活動の拠点とした。

特別何かが残っているわけではない。

どこにでもある普通の児童公園だが、唯一この公園を特徴付けているのが、こちらの六角堂だ。

谷中から茨城県に美術院を移した天心は、五浦という地に六角堂を建てた。公園の六角堂は、これを模して作られたもののようだ。

六角堂の中を覗くと、金色に輝く岡倉天心像が安置されていた。

「何で、金色なのだろう? これも芸術か?」

この像にどういう意味が込められているのか、岡倉天心がどのような人物だったのか、この公園に来ただけではほとんど理解できない。

彼が書いた「茶の本」でも一度読んでみるか・・・。

コメントを残す